よくわかる!金融用語辞典 索引【いん】

索引【いん】

索引【いん】

インカムゲイン

income gain(インカム・ゲイン)
●クーポンによる利息収入。

イングランド銀行:BOE(いんぐらんどぎんこう)

Bank of England:BOE(バンク・オブ・イングランド)
●イギリスの中央銀行。

インサイダー取引(いんさいだーとりひき)

insider trading(インサイダー・トレーディング)
●内部関係者が、未公開情報をもとに株式の売買を行うこと。内部者取引ともいう。

イン・ザ・マネー

(in the money:ITM)

イン・ザ・マネー

オプションを行使したときに、利益が出る状態。ITMともいう。
コールオプションでは行使価格より市場価格のほうが高く、プットオプションでは行使価格より市場価格のほうが安い状態にある。
イン・ザ・マネーの状態が非常に深いオプションを、ディープ・イン・ザ・マネーにあるという。

陰線(いんせん)

black bar(ブラック・バー)
●相場が下落した場合に、黒のローソクで表示したもの。

インターネット銀行(いんたーねっとぎんこう)

internet bank(インターネット・バンク)
●インターネット上で振込・振替・残高照会などのサービスを提供する銀行のこと。ネット銀行、オンライン銀行ともいう。

インターネット証券(いんたーねっとしょうけん)

internet securities brokers(インターネット・セキュリティーズ・ブローカーズ)
●インターネットを通じて証券取引を行う証券会社。

インターネットバンキング

internet banking(インターネット・バンキング)
●インターネットを利用した振込・振替・残高照会などのサービスのこと。

インターバンク市場(いんたーばんくしじょう)

inter-bank market(インターバンク・マーケット)
●金融機関が相互の資金の運用と調達を行う市場。

インターバンク・レート

interbank rate(インターバンク・レート)
●銀行間で形成される、為替取引の基準となる相場。銀行間相場ともいう。

インターベンション

intervention(インターベンション)
●急激な為替相場の変動による悪影響を抑えるために、日本銀行が外国為替の売買を行う異例の政策のこと。為替介入、外国為替平衡操作(為替平衡操作、平衡操作)、市場介入、日銀介入ともいう。

インディケーション

indication(インディケーション)
●価格提示という意味。相場気配や市場の水準を示す参考レートを提示すること。

インパクトローン

impact loan(インパクト・ローン)
●居住者による資金使途に制限のない外貨貸付。

インプット

(input)

インプット

生産に必要な生産要素のこと。
投入物、投入量ともいう。
産業連関表の列方向はインプットを表す。

インプライド・ボラティリティ:IV

implied volatility:IV(インプライド・ボラティリティ)
●将来の原資産価格の変動率を予測したもの。予想変動率ともいう。

インフレ

inflation(インフレーション)
●景気が過熱して物価が継続的に上がっていく現象。インフレーション。

インフレーション

inflation(インフレーション)
●景気が過熱して物価が継続的に上がっていく現象。インフレ。

インフレーション会計(いんふれーしょんかいけい)

inflation accounting(インフレーション・アカウンティング)
●物価上昇(インフレ)時に、一般物価指数によりすべての資産・負債を再評価して資産価値を修正する会計手法。

インフレ格差(いんふれかくさ)

inflation differential(インフレーション・ディファレンシャル)
●2国間の物価指数上昇率の差。

インフレギャップ

inflationary gap(インフレーショナリー・ギャップ)
●実際の需要が潜在供給を上回った場合の差のこと。

インフレマインド

inflationary mindset(インフレーショナリー・マインドセット)
●人々が「将来にわたって物価が上がり続ける」と予想すること。期待インフレともいう。

陰陽線(いんようせん)

black and white bar(ブラック・アンド・ホワイト・バー)
●1日の値動きをローソク型の記号で表示したグラフ。ローソク足ともいう。

スポンサーリンク
トップへ戻る