よくわかる!金融用語辞典 索引【おか】

索引【おか】

索引【おか】

お金

(おかね)

お金

交換取引に使用できる共通の財貨として生まれたもの。貨幣通貨ともいう。
価値の尺度交換(決済)手段価値貯蔵手段という3つの役割がある。
流動性が高い(現金としていつでも使える)という長所があるが、利子はつかない。

お金と経済の関係

(おかねとけいざいのかんけい)

お金と経済の関係

お金の流れ経済活動は、表裏一体の関係にある。そのため、お金の流れを見れば、経済の状況がわかる。
交換取引の裏には、常にお金の流れが存在している。
お金の流れ(=金融)は、経済生活を支える大切なシステムとして、経済に根付いている。

お金の貸借

(おかねのたいしゃく)

お金の貸借

お金は、「時間を越えての交換取引」の実現に、大きな役割を果たしている。
クレジットカードやローンなどを利用することで、今はお金がないけれど、後で支払うという取引が実現する。
お金の余っているところから足りないところへ、一時的なお金の過不足を貸借で調整することによって、交換取引を円滑に進めることができる。

お金の流れ

(おかねのながれ)

お金の流れ

お金は、「場所を越えての交換取引」の実現に、大きな役割を果たしている。
売り手と買い手が地理的に離れた場所にいても、お金が両者を結ぶ接点となることで、交換取引が行える。
お金は、異なるニーズを持つ売り手と買い手の間を仲立ちし、さまざまな交換取引を可能にした。

スポンサーリンク
トップへ戻る