よくわかる!金融用語辞典 索引【きよ】

索引【きよ】

索引【きよ】

共益権(きょうえきけん)

common benefit rights(コモン・ベネフィット・ライツ)
●株主の権利のうち、会社の利益や運営に関する権利。

供給(きょうきゅう)

supply(サプライ)
●企業がモノを生産し、市場に出すこと。

供給曲線(きょうきゅうきょくせん)

supply curve(サプライ・カーブ)
●ある商品の価格と供給量(生産量)の関係をグラフで表したもの。

供給重視の経済学:SSE(きょうきゅうじゅうしのけいざいがく)

supply-side economics:SSE(サプライ・サイド・エコノミクス)
●フェルドシュタインやラッファーらに代表される学派。サプライサイド経済学ともいう。

供給重視モデル(きょうきゅうじゅうしもでる)

neoclassical model(ネオクラシカル・モデル)
●「総供給の大きさに合わせて総需要の大きさが決まる」と考える所得決定理論のこと。新古典派モデルともいう。

強権貨幣(きょうけんかへい)

high-powered money(ハイパワード・マネー)
●ハイパワードマネーのこと。

競合性(きょうごうせい)

rivalness(ライバルネス)
●ある者が財を消費すると、他の者が消費できなくなること。消費の競合性、排他性ともいう。

強制転換条項付株式(きょうせいてんかんじょうこうつきかぶしき)

mandatory convertible share(マンダトリー・コンバーティブル・シェア)
●会社側の都合で、他の種類の株式に強制転換できる株式。

競争売買の原則(きょうそうばいばいのげんそく)

auction principles(オークション・プリンシプルズ)
●価格優先の原則と時間優先の原則。

協調介入(きょうちょうかいにゅう)

coordinated intervention(コーディネイティッド・インターベンション)
●各国と連携して同時に為替市場に介入する政策のこと。

共通農業政策:CAP(きょうつうのうぎょうせいさく)

Common Agricultural Policy:CAP(コモン・アグリカルチュラル・ポリシー)
●ローマ条約の目標の1つ。加盟国間の農産物価格を統一し、加盟国以外からの輸入に共通の課徴金を課すという政策。

巨視的経済学(きょしてきけいざいがく)

macroeconomics(マクロエコノミクス)
●国全体(社会全体)の経済活動(取引)の大きさや変化を分析する学問のこと。マクロ経済学ともいう。

巨視的分析(きょしてきぶんせき)

macroanalysis(マクロアナリシス)
●マクロ経済学の研究テーマである「所得(一国の取引量の大きさ)」が十分な規模にあるかどうかを捉える分析。マクロ分析、所得分析、国民所得分析ともいう。

スポンサーリンク
トップへ戻る