よくわかる!金融用語辞典 【供給曲線】

供給曲線

供給曲線(きょうきゅうきょくせん)
supply curve(サプライ・カーブ)

供給曲線

供給曲線とは、ある商品の価格と供給量(生産量)の関係をグラフで表したものです。

 

供給曲線

 

供給量は価格とともに変化します。縦軸に価格を、横軸に供給量を目盛にとると、供給曲線は右上がりの曲線となります。

 

グラフの縦軸(価格)から水平線を引いて、供給曲線と交わる点から横軸(数量)へ垂線を下ろすと、供給量が読み取れます。たとえば、商品の価格が100円であるときの供給量は、供給曲線と交わるa点から垂線を下ろしたところの90個となります。

 

供給曲線

 

(注)説明をやさしくするために、図には直線を表示しています。なお、直線は、曲線の一種です。

スポンサーリンク

参考ファイル

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る