2021年12月8日(水)

 

円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=113円40-41銭で前日(午後5時)比23銭円高↑・ドル安↓、1ユーロ=127円97銭-128円01銭で前日(午後5時)比31銭円高↑・ユーロ安↓となりました。

 

日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万8860円62銭(前日比405円02銭高↑)、東証株価指数(TOPIX)は2002.24(同12.39ポイント高↑)となりました。

 

財務省が国際収支状況(速報)を発表
10月の経常収支(モノやサービスの海外との取引状況を示す)の黒字額は1兆1801億円、輸出額は7兆0800億円(前年同月比11.7%増)、輸入額は6兆9132億円(28.3%増)、貿易黒字は1667億円となりました。

 

11月の景気ウォッチャー調査を発表
内閣府がタクシー運転手などに景気の聞きこみ調査を行った結果、3か月前と比較した景気の現状を示す判断指数(季節調整値)は56.3(前月比0.8ポイント上昇)、2、3か月先の景気の先行きに対する判断指数(季節調整値)は53.4(前月比4.1ポイント低下)となりました。判断指数は、50以上なら景気の現状や見通しは良く、50以下なら悪いと判断されます。(参考:景気ウォッチャー調査

 

内閣府が国内総生産(GDP)改定値を発表
2021年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)は、物価変動の影響を除いた実質で前期(4~6月)比0.9%減、年率換算で3.6%減となりました。

 

 

 

景気判断

政府の景気判断
(月例経済報告)

11/25
景気は、新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が徐々に緩和されつつあるものの、引き続き持ち直しの動きに弱さがみられる。(据え置き)

日銀の景気判断
(経済・物価情勢の展望)

10/28
わが国の景気は、内外における新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している。

金融市場調節方針
(金融政策決定会合)

10/28
・短期金利:政策金利残高にマイナス金利(-0.1%)を適用
・長期金利:長期国債を買い入れ、10年物国債の金利をゼロ%程度に操作

 

参考:月例経済報告と金融経済月報

 

 

 

日経平均株価(225種)

 

日経平均株価(225種)のグラフ

 

日経平均株価(225種)の表

 

 

 

東証株価指数(TOPIX)

 

東証株価指数(TOPIX)のグラフ

 

東証株価指数(TOPIX)の表

 

 

 

円相場(1ドル=円) 東京市場

 

円相場(1ドル=円) 東京市場のグラフ

 

円相場(1ドル=円) 東京市場の表

 

 

 

円相場(1ユーロ=円) 東京市場

 

円相場(1ユーロ=円) 東京市場のグラフ

 

円相場(1ユーロ=円) 東京市場の表

 

 

スポンサーリンク

 

 

金融大学TOP > 経済ニュース

トップへ戻る