2020年1月21日(火)

 

円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=109円97-98銭で前日(午後5時)比15銭円高↑・ドル安↓、1ユーロ=121円98銭-122円02銭で前日(午後5時)比19銭円高↑・ユーロ安↓となりました。

 

日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万3864円56銭(前日比218円95銭安↓)、東証株価指数(TOPIX)は1734.97(同9.19ポイント低↓)となりました。

 

日銀が金融緩和策を維持
日銀は、金融政策決定会合で、現行の大規模緩和策を維持することを決めました。
(短期金利:政策金利残高にマイナス金利(-0.1%)を適用。長期金利:長期国債を買い入れ、10年物国債の金利をゼロ%程度に操作(年間増加額約80兆円を目途に買い入れ))
また、景気の現状判断については、「わが国の景気は、海外経済の減速や自然災害などの影響から輸出・生産や企業マインド面に弱めの動きがみられるものの、所得から支出への前向きの循環メカニズムが働くもとで、基調としては緩やかに拡大している。」として、据え置きました。

 

 

 

景気判断

政府の景気判断
(月例経済報告)

12/20
景気は、輸出が引き続き弱含むなかで、製造業を中心に弱さが一段と増しているものの、緩やかに回復している。(下方修正)

日銀の景気判断
(経済・物価情勢の展望)

1/21
わが国の景気は、海外経済の減速や自然災害などの影響から輸出・生産や企業マインド面に弱めの動きがみられるものの、所得から支出への前向きの循環メカニズムが働くもとで、基調としては緩やかに拡大している。

金融市場調節方針
(金融政策決定会合)

1/21
・短期金利:政策金利残高にマイナス金利(-0.1%)を適用
・長期金利:長期国債を買い入れ、10年物国債の金利をゼロ%程度に操作(年間増加額約80兆円を目途に買い入
れ、「弾力的な買入れを実施する」と明記)

 

参考:月例経済報告と金融経済月報

 

 

 

日経平均株価(225種)

 

日経平均株価(225種)のグラフ

 

日経平均株価(225種)の表

 

 

 

東証株価指数(TOPIX)

 

東証株価指数(TOPIX)のグラフ

 

東証株価指数(TOPIX)の表

 

 

 

円相場(1ドル=円) 東京市場

 

円相場(1ドル=円) 東京市場のグラフ

 

円相場(1ドル=円) 東京市場の表

 

 

 

円相場(1ユーロ=円) 東京市場

 

円相場(1ユーロ=円) 東京市場のグラフ

 

円相場(1ユーロ=円) 東京市場の表

 

 

スポンサーリンク

新着情報

金融大学TOP > 経済ニュース

トップへ戻る