よくわかる!金融用語辞典 索引【ふつ】

索引【ふつ】

索引【ふつ】

普通株(ふつうかぶ)

ordinary stock(オーディナリィ・ストック)
●通常の株主権が与えられている株式。

普通国債

(ふつうこくさい)

普通国債

歳出を賄うための歳入を調達する目的で発行される国債。歳入債ともいう。
建設国債、特例国債(赤字国債)、年金特例国債、復興国債、借換国債がある。
利払い・償還財源には、将来の税収などが充てられる。

普通取引(ふつうとりひき)

regular transaction(レギュラー・トランズアクション)
●約定からその日を含めて4営業日目に決済を行う。

普通配当(ふつうはいとう)

ordinary dividend(オーディナリィ・ディビデンド)
●決算期ごとに分配される配当。

普通預金(ふつうよきん)

savings account(セービングズ・アカウント)
●いつでも出し入れできる預金のこと。

物価(ぶっか)

commodity prices(コモディティ・プライシィズ)
prices プライシィズ)
●市場で取引される価格の平均値。

物価指数(ぶっかしすう)

price index(プライス・インデックス)
●物価水準の動きを示す指数。

物価上昇率(ぶっかじょうしょうりつ)

percentage change in prices(パーセンテージ・チェンジ・イン・プライシィズ)
●物価水準の変動をあらわす指標。

物価水準(ぶっかすいじゅん)

price level(プライス・レベル)
●市場で取引される価格の平均値の基準となるもの。

ブックビルディング方式(ぶっくびるでぃんぐほうしき)

book-building formula(ブック・ビルディング・フォーミュラ)
●投資家の需要に基づいて、新規公開株の発行価格を決定する方法。需要積上げ方式ともいう。

復興国債

(ふっこうこくさい)

復興国債

2011年の東日本大震災の復興財源に充てるために発行される国債。
必要な財源(税収など)が調達されるまでのつなぎとして、2011(平成23)年度から2015(平成27)年度まで発行された。
このように、将来に得られる収入を償還財源として発行される債券のことを「つなぎ国債」という。
 国債
 普通国債
 つなぎ国債

物質主義的定義(ぶっしつしゅぎてきていぎ)

materialist definition(マティリアリスト・デフィ二ション)
●アルフレッド・マーシャルが著者『経済学原理』において、財(生産物)の価値の観点から「経済学とは、モノを取引することで生活を営む人間の研究である。」とする定義のこと。

物上担保付社債(ぶつじょうたんぽつきしゃさい)

secured bond(セキュアード・ボンド)
●社債の発行会社が保有する特定の物的財産(土地、工場、機械設備など)に担保が付されている債券。

物的分割(ぶってきぶんかつ)

●会社分割制度で、分割を行った会社に株式を割り当てる。

プット

put(プット)
●オプション取引において、ある商品を一定の価格で売る権利のこと。

仏独協力条約(ふつどくきょうりょくじょうやく)

Franco-German Cooperation(フランコ・ジャーマン・コーオペレイション)
Franco-German Partnership(フランコ・ジャーマン・パートナーシップ)
●フランスとドイツの協力(和解と友好)について定めた条約。正式名は「仏独協力に関するフランス共和国とドイツ連邦共和国の条約」。仏独友好条約、エリゼ条約ともいう。

仏独友好条約(ふつどくゆうこうじょうやく)

Franco-German Cooperation(フランコ・ジャーマン・コーオペレイション)
Franco-German Partnership(フランコ・ジャーマン・パートナーシップ)
●フランスとドイツの協力(和解と友好)について定めた条約。正式名は「仏独協力に関するフランス共和国とドイツ連邦共和国の条約」。仏独協力条約、エリゼ条約ともいう。

物品貨幣(ぶっぴんかへい)

material money(マテリアル・マネー)
●自然貨幣と商品貨幣のこと。

物々交換(ぶつぶつこうかん)

barter trade(バーター・トレード)
●自分が所有する品物と、他人が所有する品物とをお互いに取りかえること。

物欲(ぶつよく)

material desire(マティリアル・ディザイア)
●ヒトがモノを欲しがること。

スポンサーリンク
トップへ戻る