スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
      
   
金融大学金融用語辞典 > 貨幣(1)物々交換から物品貨幣へ
    
   
      

                    

貨幣(1)物々交換から物品貨幣へ

                         

物々交換…モノとモノとをお互いに取りかえること

物品貨幣…自然貨幣(貝殻・石・骨など)や商品貨幣(布・米・家畜・穀物など)のこと

                  

≪物々交換≫

古代、まだお金が存在しなかった時代には、人々は物々交換で品物のやりとりをしていました。物々交換とは、自分が所有する品物と、他人が所有する品物とをお互いに取りかえることです。人類にとって、はじめて行われた経済取引だと考えられています。

しかし、物々交換は、あまり便利な方法ではありませんでした。交換する品物が偶然に同じ価値であればよいのですが、あまりにもその価値が離れていると交換が成り立ちません。また、交換したい商品がうまく合う人を見つけるのも大変でした。そこで、交換できる共通の物として生まれたのが「貨幣」です。

≪物品貨幣≫

時の経過とともに腐ってしまう食べ物や壊れやすい消耗品などは、通貨として不都合です。そこで、当初は、貝殻・石・布・米などが通貨として使われました。これを、物品貨幣といいます。

物品貨幣は、貨幣の素材によって、自然貨幣と商品貨幣に分けられます。

◆自然貨幣

まず、貝殻・石・骨などの、自然のものを素材とした貨幣が使われるようになりました。これを、自然貨幣といいます。自然貨幣は、宗教や呪術を背景としたものでした。貨幣そのものに価値はなく、通貨として使うには無理がありました。

◆商品貨幣

つぎに、布・米・家畜・穀物などが貨幣として使われるようになりました。商品そのものを貨幣として使ったため、商品貨幣と呼ばれています。

物品貨幣

自然貨幣 … 貝殻、石、骨など
        

商品貨幣
… 布、米、家畜、穀物など


金属貨幣(金貨、銀貨、銅貨など)へ

しかし、商品貨幣は持ち運びが不便であったことから、金属貨幣(金貨、銀貨、銅貨など)へと移行していきます。

※ここでは物品貨幣と金属貨幣を分けて説明していますが、金属貨幣も物品貨幣に含むとする考えもあります。

      
   
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク