よくわかる!金融用語辞典 索引【へい】

索引【へい】

よくわかる!金融用語辞典【へ】

へあ へい へう へえ へお
へか へき へく へけ へこ
へさ へし へす へせ へそ
へた へち へつ へて へと
へな へに へぬ へね への
へは へひ へふ へへ へほ
へま へみ へむ へめ へも
へや へゆ へよ
へら へり へる へれ へろ
へわ へん へー

索引TOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スポンサーリンク

索引【へい】

ペイオフ

payoff(ペイオフ)
●金融機関が破たんした場合に、元本1000万円とその利子を限度額として預金者に払い戻す保護制度。

 

ペイオフ方式(ぺいおふほうしき)

payoff system(ペイオフ・システム)
●預金保険機構が預金者に対して直接保険金を支払う方式。

 

平価(へいか)

exchange parity(エクスチェンジ・パリティ)
par-value of exchange(パーバリュー・オブ・エクスチェンジ)
●通貨間の交換比率のこと。為替平価ともいう。

 

平均消費性向:APC(へいきんしょうひせいこう)

average propensity to consume:APC(アベレッジ・プロペンシティ・ツー・コンシューム)
●所得のうち、消費に回す割合のこと。

 

平均貯蓄性向:APS(へいきんちょちくせいこう)

average propensity to save:APS(アベレッジ・プロペンシティ・ツー・セイブ)
●所得のうち、貯蓄に回す割合のこと。

 

平衡操作(へいこうそうさ)

foreign exchange market intervention(フォーリン・エクスチェンジ・マーケット・インターベンション)
●急激な為替相場の変動による悪影響を抑えるために、日本銀行が外国為替の売買を行う異例の政策のこと。為替介入、市場介入、日銀介入ともいう。

 

米国液量ガロン(べいこくえきりょうがろん)

U.S.fluid gallon(ユーエス・フルイド・ガロン)
●米国で使われている容積の単位のこと。1バレル=42米国液量ガロン=158.987 294 928リットル。

 

米国債(べいこくさい)

US Treasury(ユーエス・トレジャリー)
●米国政府の信用に基づいて、米国の財務省が発行する債券のこと。アメリカ国債、財務省証券ともいう。

 

米国貯蓄債券(べいこくちょちくさいけん)

U.S.savings bonds(ユー・エス・セービングズ・ボンズ)
●貯蓄の推進を目的に、米国の国民(個人)を対象に発行される小額の国債のこと。

 

米国の量的緩和政策(べいこくのりょうてきかんわせいさく)

(量的緩和政策)quantitative easing(クォンティタティブ・イージング)
●「通貨量を増やす」という量的調整を行う非伝統的な金融政策のこと。従来の金利調整を行う伝統的な金融政策とは異なり、米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)が債券を買い入れることで、通貨供給を行う。

 

閉鎖経済モデル(へいさけいざいもでる)

closed economic model(クローズド・エコノミック・モデル)
●民間経済モデルに、民間経済の手助けをする調整役として「政府部門」を加えた経済モデル。国民経済モデル、クローズド・モデル、閉鎖体系、封鎖体系ともいう。

 

閉鎖体系(へいさたいけい)

closed economic model(クローズド・エコノミック・モデル)
●民間経済モデルに、民間経済の手助けをする調整役として「政府部門」を加えた経済モデル。国民経済モデル、閉鎖経済モデル、クローズド・モデル、封鎖体系ともいう。

 

米ドル:USD(べいどる)

U.S.dollar:USD(ユー・エス・ダラー)
●アメリカの通貨の単位のこと。

 

ペイメント・ネッティング

payment netting(ペイメント・ネッティング)
●同じ決済日の複数の取引(債権・債務)を差し引きして、その差額のみを決済するもの。

トップへ戻る