よくわかる!金融用語辞典 索引【ふん】

索引【ふん】

索引【ふん】

分業(ぶんぎょう)

division of labor(ディビジョン・オブ・レイバー)
●みんなで分担してモノ(財)をつくること。

粉飾決算

(ふんしょくけっさん)

粉飾決算

業績の悪い企業が、実際の状態よりも、利益を大きく見せるために行う不正操作。
対外的な信用不安を払拭し、株価下落を回避するために行う場合が多い。
反対に、業績の良い企業が、実際の状態よりも、利益を小さく見せるために行う不正操作を「逆粉飾決算」という。

粉飾預金

(ふんしょくよきん)

粉飾預金

銀行が作為的に増やした見せかけの預金。
月末や決算期末に、実際の状態よりも、預金を多く見せかけるために行う。
「両建て預金」、「相落ち小切手(手形)」などの方法がある。

分配(ぶんぱい)

distribution(ディストリビューション)

①「分配」

●企業が生産物を販売して得た代金(所得)を、生産要素の提供者(労働者、資本家、地主)の間で分けること。

②「経済体制」

●分配のしくみとは、「消費者(家計)が、商品(生産物や労働力)を自由に取引する市場において、売買を通じて商品の分配を受ける」というしくみのこと。

分別保管(ぶんべつほかん)

segregated custody(セグリゲーティド・カストディ)
●証券会社が投資家から預かった資産を、証券会社の資産と明確に区別して保管する制度。

分離型ワラント債(ぶんりがたわらんとさい)

detachable warrant(ディタッチャブル・ワラント)
●社債部分とワラント部分を切り離して別々に販売できるタイプ。

スポンサーリンク
トップへ戻る