よくわかる!金融用語辞典 索引【しや】

索引【しや】

索引【しや】

社会資本:SOC(しゃかいしほん)

social overhead capital:SOC(ソーシャル・オーバーヘッド・キャピタル)
●道路、港湾、治山治水施設等のこと。

社会主義

(しゃかいしゅぎ)

社会主義

資本主義を否定し、資源配分のしくみを政府が決める経済体制のこと。
生産手段などの財産は公有制(国家の所有)とする。
社会主義を選択している国には、中国やベトナムなどがある。

社会主義計画経済体制

(しゃかいしゅぎけいかくけいざいたいせい)

社会主義計画経済体制

社会主義における計画経済の体制のこと。
資源配分の調整を国(政府)主導で行う。
「平等な資源配分が行われる社会を目指せる」という利点がある反面、「民間の自由な活動が制限される結果、経済が活力を失っていく」という傾向が見られる。

社会保障制度(しゃかいほしょうせいど)

social security system(ソーシャル・セキュリティ・システム)
●病気・ケガ・高齢・失業などで収入が減ってしまった場合に、最低限度の生活を保障するという制度のこと。

社債(しゃさい)

corporate bond(コーポレート・ボンド)
●株式会社が発行する債券。事業債ともいう。

ジャスダック:JASDAQ

Japan Securities Dealers Association automated Quotation:JASDAQ(ジャパン・セキュリティーズ・ディーラーズ・アソシエーション・オートメーティッド・クォーテーションズ)
●中小企業・中堅企業・ベンチャー企業に力をいれている店頭株式市場。

シャドーバンキング

shadow banking(シャドー・バンキング)
●銀行以外の金融業態が行う金融取引の総称のこと。「影の銀行」ともいう。

シャドーバンキング・システム

shadow banking system(シャドー・バンキング・システム)
●シャドーバンキングを活用した手法や仕組みのこと。

ジャン・モネ

Jean Monnet(ジャン・モネ)
●ジャン・オメール・マリ・ガブリエル・モネ(Jean Omer Marie Gabriel Monnet)。1888年11月9日 - 1979年3月16日。フランスの実業家、政治家。欧州経済の発展に大きな影響力を与えた。シューマン・プランの考案者であることから、「欧州統合の父」「ヨーロッパ統合の父」とも呼ばれている。

スポンサーリンク
トップへ戻る