スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > 限界効用逓減の法則
    
   
限界効用逓減の法則 【 げんかいこうようていげんのほうそく 】
law of diminishing marginal utility 【 ロー・オブ・デミニィシング・マージナル・ユーティリティ 】
ゴッセンの第一法則 【 ごっせんのだいいちほうそく 】
Gossen's First Law 【 ゴッセンズ・ファースト・ロー 】
            
  
       
限界効用逓減の法則とは、「ある財の消費を増やしていくと、限界効用はしだいに小さくなっていく」という法則のことです。
     
限界効用
     
限界効用とは、ある財の消費量を1単位増加させたときの効用(満足度)の増加分のことです。簡単に言うと、追加1単位の消費で得られる効用のことです。
     
たとえば、コーヒを飲む時、1杯目の効用を100満足とすると、2杯目は70満足、3杯目は10満足…というように、限界効用は減っていきます。コーヒーを3杯飲んだ時の全効用は、300満足ではなく、180満足です。
コーヒ1杯の価格が300円であるとき、3杯飲むと、会計は900円になります。予算が900円であるとき、限界効用が低下している2杯目や3杯目のコーヒーに替えて、他の財を選択する方が全効用は大きくなると考えられます。
つまり、限界効用逓減の法則の性質は、限界効用の高い順に各財を選択することで、全効用を増大させられることを示しているのです。
    
     
発案者はゴッセン
     
この法則の発案者は、プロイセン王国(現ドイツ)の経済学者ヘルマン・ハインリヒ・ゴッセンであることが判明しました。彼の著書『人間交易論』1854年に記述されているのが見つかったからです。
彼の名にちなんで、限界効用逓減の法則を、ゴッセンの第一法則と呼びます。
       
   
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク