スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
        
      
金融大学金融用語辞典 > 現金残高方程式
        
    
        

現金残高方程式 (げんきんざんだかほうていしき)

英語 : cash balance equation (キャッシュ・バランス・イクウェイション)

現金残高方程式(M=kPY)とは、フィッシャー交換方程式の変形版「Mv=PY」から導き出したもので、ケンブリッジ学派の現金残高方程式といいます。

            
「Mv=PY」の
両辺をvで割ると

  

PY

   

となります。

 

 

をkとおくと、
「M=kPY」が
導き出されます。     

              

ケンブリッジ学派の現金残高方程式

貨幣量=マーシャルのk×価格×国民所得 または M=kPY

:流通貨幣量、k:マーシャルのk、P:価格物価)、Y:実質国民所得

マーシャルのkは、貨幣の所得速度(v)の逆数としても知られています。現金残高方程式では、マーシャルのkは一定の値と考えられます。

≪現金残高方程式の意味≫

現金残高方程式「M=kPY」の左辺のMは貨幣供給量を表し、右辺のkPYは貨幣需要量を表します。PY(物価×実質国民所得)は名目国民所得ですので、kPYは、名目国民所得の一定割合が貨幣需要量であることを表します。

新古典学派は、貨幣需要は取引需要のみで成り立っていると考えるので、右辺のkPYは「取引需要=名目国民所得のk倍」という関係を表しています。したがって、現金残高方程式は、「取引需要は国民所得に比例する」ということを意味しています。

完全雇用水準では、実質国民所得(Y)は一定と考えられます。すると、貨幣量(M)に比例して物価(P)が動きますので、「貨幣量は物価水準を決定する」と考えられます。

    
        
【 参考ファイル 】   交換方程式(MV=PT)
      
    
  
スポンサーリンク
       
     
     
スポンサーリンク