よくわかる!金融用語辞典 【国民総所得】

国民総所得

国民総所得(こくみんそうしょとく)
gross national income(グロス・ナショナル・インカム)
GNI

国民総所得

国民総所得(GNI)とは、日本の国民が1年間(1単位期間)に新たに産み出した財・サービスの付加価値の合計のことをいいます。

 

国民総所得

 

付加価値の合計は、総産出額から中間生産物の取引額の合計を差し引いたものに等しくなります。これを国民総所得(GNI)または国内総生産(GDP)といいます。

 

国民総所得

 

国民総所得(GNI)は、2000年10月に国民経済計算(93SNA)が導入されるまでは、国民総生産(GNP)という名称で使用されていました。

 

≪国民総所得(GNI)と国内総生産(GDP)≫

 

国民総所得(GNI)は、国内総生産(GDP)に海外からの純所得受取を加えたものに等しくなります。国民総所得(GNI)と国内総生産(GDP)の違いは、海外からの純所得受取の金額を含むかどうかにあります。

 

国民総所得

スポンサーリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る