スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
      
   
金融大学金融用語辞典 > 景気動向指数
    
   
景気動向指数 【 けいきどうこうしすう 】
Indexes of Business Conditions 【 インデックシィズ・オブ・ビジネス・コンディションズ 】
CI(composite indexes) 【 コンポジット・インデックシィズ 】
DI(diffusion indexes) 【 ディフュージョン・インデックシィズ 】
   
      
景気動向指数とは、総合的な景気局面の判断・予測を行うために、複数の指標を組み合わせて算出した指数のことです。
内閣府経済社会総合研究所が速報値と改定値を作成し、毎月公表しています。
      
   
【景気動向指数を算出するための基礎指標】
   
景気動向指数(CIおよびDI)は、29項目の基礎指標を使って算出しています。
  
基礎指標とは、景気全体の動きを捉えるために、毎日の暮らしのようす(どれだけモノが生産されたか、失業者はどれくらいいるのか、株価は上がったのか下がったのか、中小企業の売り上げはどうか…など)を統計にとったデータのことです。
  
これらの指標は、景気の動きに対して「いつ」反応をしめすかで、先行系列、一致系列、遅行系列の3つにわけられます。
  
先行系列とは、景気の動きに先行して反応をしめす指標のことです。先行系列の指標として、消費者態度指数や東証株価指数など、12項目の指標を利用しています。先行系列の指標から算出された指数のことを先行指数(leading index:リーディング・インデックス)といいます。先行指数は、数ヶ月先の景気の動きを示します。
  
一致系列とは、景気の動きにあわせて反応をしめす指標のことです。一致系列の指標として、生産指数や有効求人倍率など、11項目の指標を利用しています。一致系列の指標から算出された指数のことを一致指数(coincident index:コインシデント・インデックス)といいます。一致指数は、景気の現状を示します。
  
遅行系列とは、景気の動きに遅れて反応をしめす指標のことです。遅行系列の指標として、家計消費支出や完全失業率など、6項目の指標を利用しています。遅行系列の指標から算出された指数のことを遅行指数(lagging index:ラギング・インデックス)といいます。遅行指数は、半年から1年遅れで反応します。
   
  先行系列 一致系列 遅行系列
1 最終需要財在庫率指数 生産指数(鉱工業) 第3次産業活動指数(対事業所サービス業)
2 鉱工業生産財在庫率指数 鉱工業生産財出荷指数 常用雇用指数(製造業)
3 新規求人数(除学卒) 大口電力使用量 実質法人企業設備投資(全産業)
4 実質機械受注(船舶・電力を除く民需) 稼働率指数(製造業) 家計消費支出(全国勤労者世帯、名目)
5 新設住宅着工床面積 所定外労働時間指数(製造業) 法人税収入
6 耐久消費財出荷指数 投資財出荷指数(除輸送機械) 完全失業率
7 消費者態度指数 商業販売額(小売業)   
8 日経商品指数(42種総合) 商業販売額(卸売業)   
9 長短金利差 営業利益(全産業)   
10 東証株価指数 中小企業売上高(製造業)   
11 投資環境指数(製造業) 有効求人倍率(除学卒)   
12 中小企業売上げ見通しD.I.      
先行指数を算出 一致指数を算出 遅行指数を算出
   
※29項目はCI、DI共通。第13循環の景気基準日付設定時(平成16年11月)に選定。
    
【CIとDI】
   
景気動向指数(CIとDI)は、それぞれ29項目の指標を組み合わせて算出した指数です。
内閣府では、2008(平成20)年3月分までDIを中心に公表してきましたが、同年4月分(速報)からはCIを中心に公表しています。
   
   
CIには「景気変動を量的に捉える」、DIには「景気変動の方向性を捉える」、という異なる特徴があるため、両者をあわせて利用すると、景気の動向をより正確に把握することができます。
   
   
CI(composite index:コンポジット・インデックス)
   
CIは、景気変動の大きさやテンポ(量感)を示す指数です。基準となる年を決めて、その基準年と比べてどれぐらい景気が変化したかを調べます。
  
基準となる年を100として、一致指数が100より上昇していれば景気は拡張局面に、逆に100より低下していれば景気は後退局面にあることがわかります。一致指数の変化の大きさは、景気の拡張や後退の大きさをあらわします。
   
CIは、景気変動を「量的」に把握する
   
   
DI(diffusion indexes:ディフュージョン・インデックス)
   
DIは、景気動向の方向性を示す指数です。各指標の数値が上昇しているのか、低下しているのかを調べます。
  
採用された指標を3ヶ月前の数値と比較して、改善(プラス)、変化なし(横ばい状態)、悪化(マイナス)に分類します。改善(プラス)を1、変化なし(横ばい状態)を0.5としてそれぞれ合計して採用指標数で割ると、指数を計算できます。
  
一致指数が50%以上なら景気が上向き50%以下なら景気が下向きと判断されます。
  
【景気基準日付の判定】
 
DIは、景気の転換点となる景気基準日付(景気の山・谷)の判定に用いられています。しかし、景気の判断を変更するには、上向きあるいは下向きの状態が数ヶ月続く必要があります。
   
DIは、景気変動の「方向性」を把握する
   
   
数値の改訂
景気動向指数は、「消費者態度指数の改訂」、「実質法人企業設備投資作成に用いる民間企業設備デフレーターの変更」、「独自に季節調整を行っている系列に適用する季節調整方法の変更」に伴い、過去にさかのぼって改訂されています。
改訂後の数値は、下記の参考ファイルの「改訂値」をご覧ください。
   
参考:内閣府HP「景気動向指数の利用の手引
     
   
      
    
  
スポンサーリンク
       
      
   
スポンサーリンク