スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
金融大学金融大学講座 > IS-LMの計算
    
  
ミニ講座
IS-LMの計算
講師:有馬秀次
  
     
  
ある(くに)のマクロ経済(けいざい)モデルが(つぎ)(しき)であたえられている。このときの均衡国民所得(きんこうこくみんしょとく)均衡(きんこう)利子率(りしりつ)(もと)めなさい。
  
  
  
この問題(もんだい)は、IS-LM 分析(ぶんせき)モデルの計算問題(けいさんもんだい)です。
IS−LM分析(ぶんせき)は、ケインズの所得決定理論(しょとくけっていりろん)説明(せつめい)するグラフ分析(ぶんせき)です。
グラフには、財市場(ざいしじょう)均衡(きんこう)国民所得(こくみんしょとく)(しめ)IS曲線(きょくせん)と、貨幣市場(かへいしじょう)均衡(きんこう)利子率(りしりつ)(しめ)LM曲線(きょくせん)()かれており、国民所得(こくみんしょとく)利子率(りしりつ)関係(かんけい)をあらわしています。
  
  
-1-
     
  
  
IS-LM分析(ぶんせき)のグラフでは、均衡国民所得(きんこうこくみんしょとく)は、IS曲線(きょくせん)とLM曲線(きょくせん)交点(こうてん)として(しめ)されます(国民所得(こくみんしょとく)財市場(ざいしじょう)貨幣市場(かへいしじょう)同時均衡値(どうじきんこうち)として(とら)えます)。
したがって、均衡国民所得(きんこうこくみんしょとく)は、IS曲線式(きょくせんしき)とLM曲線式(きょくせんしき)連立方程式(れんりつほうていしき)として()ことで(もと)められます。
  
  
※ここでは、IS曲線(きょくせん)数式(すうしき)であらわしたものをIS曲線式(きょくせんしき)、LM曲線(きょくせん)数式(すうしき)であらわしたものをLM曲線式(きょくせんしき)()びます。
  
  

@ 問題(もんだい)から、IS曲線式(きょくせんしき)とLM曲線式(きょくせんしき)(もと)める

A 2(しき)連立(れんりつ)させて、Yについて()

  
-2-
      
    
  
スポンサーリンク
       
  
次頁へ進む
  
金融大学講座に戻る
  
スポンサーリンク