よくわかる!金融用語辞典 索引【まー】

索引【まー】

索引【まー】

マーケット・メカニズム

market mechanism(マーケット・メカニズム)
●市場における商品の価格が、モノの需要(買い注文)と供給(売り注文)に影響を及ぼし、取引を成立させるしくみのこと。市場のしくみに着目した用語。価格メカニズム、プライス・メカニズム、価格機構、価格調整メカニズム、市場メカニズム、マーケット・メカニズム、市場機構、価格システム、市場システムは、ほぼ同じ意味で使われる。

マーケットリスク

market risk(マーケット・リスク)
●市場価格(金利・株価・為替など)の下落によって、保有資産に損失が生じる可能性(不確実性)のこと。市場リスクともいう。

マーケット・レート

market rate(マーケット・レート)
●銀行間相場のこと。市場レートともいう。

マーシャル

Alfred Marshall(アルフレッド・マーシャル)

①マーシャル

●イギリスの経済学者で、ケンブリッジ学派の創始者。

②経済学ってなあに?

●イギリスの経済学者(1842-1924)。財(生産物)の価値の観点から「経済学は生産効率(経済成長)の研究である」と定義した。著者『経済学原理』(1890年)。

マーシャル

George Catlett Marshall(ジョージ・キャトレット・マーシャル)
●1880年12月31日 - 1959年10月16日。米国の軍人で、政治家。1947年6月5日に米国のハーバード大学で行った演説で、欧州復興計画(ヨーロッパ復興計画)を提案した。1953年ノーベル平和賞を受賞。

マーシャルのK(まーしゃるのけー)

Marshallian k(マーシャリアン・ケー)
●経済活動を表すGDPにとって、マネーサプライが適正水準にあるかどうかを判断するための指標。

マーシャル・プラン

Marshall Plan(マーシャル・プラン)
●第二次世界大戦後、米国務長官ジョージ・マーシャルの提案に基づいて、米国が1948年から1951年まで実施した、欧州復興計画(ヨーロッパ復興計画)のこと。

マーストリヒト条約(まーすとりひとじょうやく)

Maastricht Treaty(マーストリヒト・トリーティ)
●欧州連合(EU)創設のための条約で、欧州連合条約ともいう。1991年12月にオランダのマーストリヒトで行われた欧州理事会で合意、1992年2月に調印、1993年11月に発効した。

スポンサーリンク
トップへ戻る