よくわかる!金融用語辞典 索引【こて】

索引【こて】

索引【こて】

固定為替相場制(こていかわせそうばせい)

fixed exchange rate system(フィックスト・エクスチェンジ・レート・システム)
●為替レートを一定比率に固定する、あるいはわずかな変動幅とする制度のこと。固定相場制ともいう。

固定金利オペ(こていきんりおぺ)

fixed-rate interest operation(フィックスト・レート・インタレスト・オペレーション)
●日銀が2009年12月に導入した新しい資金供給方式(新型オペ)のこと。正式名を固定金利方式・共通担保資金供給オペレーションという。

固定金利方式・共通担保資金供給オペレーション(こていきんりほうしき・きょうつうたんぽしきんきょうきゅうおぺれーしょん)

The Fixed-Rate Funds-Supplying Operation against Pooled Collateral(ザ・フィックスト-レート・ファンド-サプライング・オペレーション・アゲンスト・プールド・コラタラル)
●日銀が2009年12月に導入した新しい資金供給方式(新型オペ)のこと。略して固定金利オペという。

固定資本減耗(こていしほんげんもう)

consumption of fixed capital(コンサンプション・オブ・フィックスト・キャピタル)
●減価償却費のことで、工場や機械の使用による価値の減少分を意味している。

固定相場制(こていそうばせい)

fixed exchange rate system(フィックスト・エクスチェンジ・レート・システム)
●為替レートを一定比率に固定する、あるいはわずかな変動幅とする制度のこと。固定為替相場制ともいう。

固定利付債券(こていりつきさいけん)

fixed rate bonds(フィックスト・レート・ボンド)
●固定金利型の債券。債券発行後に金利水準が変わっても、利率は変動しない。

古典学派(こてんがくは)

Classical school(クラシカル・スクール)
●18世紀末から19世紀後半にかけてイギリスで広まった自由主義経済学。古典派、古典派経済学ともいう。

古典派(こてんは)

Classical school(クラシカル・スクール)
●18世紀末から19世紀後半にかけてイギリスで広まった自由主義経済学。古典学派、古典派経済学ともいう。

古典派経済学(こてんはけいざいがく)

Classical school(クラシカル・スクール)
●18世紀末から19世紀後半にかけてイギリスで広まった自由主義経済学。古典派、古典学派ともいう。

古典派経済学

●古典派経済学の経済思想は、労働価値説に基づく均衡理論。

古典派の貸付資金需給説(こてんはのかしつけしきんじゅきゅうせつ)

Classical loanable funds theory(クラシカル・ローナブル ・ファンド・セオリー)
●利子率は財市場の均衡で決まるという新古典学派の理論のこと。

古典派の二分法(こてんはのにぶんほう)

Classical dichotomy(クラシカル・ダイカトゥミィ)
●「貨幣市場は、実物部門(労働市場、財市場)に影響しない」という考え方のこと。貨幣ヴェール観ともいう。

古典派理論(こてんはりろん)

neoclassical theory(ネオクラシカル・セオリー)
●一定期間の取引高から需給を捉える方法。

スポンサーリンク
トップへ戻る