よくわかる!金融用語辞典 索引【おう】

索引【おう】

よくわかる!金融用語辞典【お】

おあ おい おう おえ おお
おか おき おく おけ おこ
おさ おし おす おせ おそ
おた おち おつ おて おと
おな おに おぬ おね おの
おは おひ おふ おへ おほ
おま おみ おむ おめ おも
おや おゆ およ
おら おり おる おれ おろ
おわ おん おー

索引TOPに戻る

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スポンサーリンク

索引【おう】

欧州安定メカニズム:ESM(おうしゅうあんていめかにずむ)

European Stability Mechanism:ESM(ヨーロピアン・スタビリティー・メカニズム)
●ユーロ圏の財政危機に陥った国を救済する制度。国際通貨基金(IMF)の欧州版とも言われる。

 

欧州為替相場メカニズム:ERM(おうしゅうかわせそうばめかにずむ)

European Exchange Rate Mechanism:ERM(ヨーロピアン・エクスチェンジ・レート・メカニズム)
●欧州為替相場の変動を抑制し、通貨の安定性を確つために、欧州通貨制度(EMS)で採用された為替相場制度のこと。

 

欧州為替相場メカニズム:ERM2(おうしゅうかわせそうばめかにずむ)

European Exchange Rate Mechanism:ERM2(ヨーロピアン・エクスチェンジ・レート・メカニズム)
●EU加盟国で通貨統合非参加国の通貨と、ユーロ間の為替相場を一定の変動幅で連動させる制度のこと。1979年に設立された欧州通貨制度のERMにかえて、1999年1月1日から実施された。ERM2、新ERMともいう。

 

欧州共同体:EC(おうしゅうきょうどうたい)

European Community:EC(ヨーロピアン・コミュニティー)
●1965年4月8日に調印されたブリュッセル条約(合併条約)に基づいて、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)、欧州経済共同体(EEC)、欧州原子力共同体(ユーラトム)の3つが統合され、1967年7月1日に発足した共同体。

 

欧州金融安定基金:EFSF(おうしゅうきんゆうあんていききん)

European Financial Stability Facility:EFSF(ヨーロピアン・フィナンシャル・スタビリティー・ファシリティー)
●EU(欧州連合)が設立した制度。ユーロ圏の財政難に陥った国に代わって、EFSFが債券を発行し、資金を調達する。

 

欧州経済共同体:EEC(おうしゅうけいざいきょうどうたい)

European Economic Community:EEC(ヨーロピアン・エコノミック・コミュニティー)
●欧州域内における経済を統合し、共通市場を形成することを目的とする機関のこと。1957年3月25日に調印され、1958年1月1日に設立した。

 

欧州経済協力機構:OEEC(おうしゅうけいざいきょうりょくきこう)

Organization for European Economic Cooperation:OEEC(オーガニゼイション・フォア・ヨーロピアン・エコノミック・コーペレイション)
●1948年4月にマーシャル・プランを受け入れるために、西欧諸国16カ国が参加して設立された機関のこと。1961年に、経済協力開発機構(OECD)となった。

 

欧州経済通貨統合:EMU(おうしゅうけいざいつうかとうごう)

European Economic and Monetary Union:EMU(ヨーロピアン・エコノミック・アンド・マネタリー・ユニオン)
●1989年4月の「ドロール報告書」で示された、3段階からなる通貨統合の構想のこと。経済通貨同盟、経済通貨統合、欧州経済通貨同盟ともいう。

 

欧州経済通貨同盟:EMU(おうしゅうけいざいつうかどうめい)

European Economic and Monetary Union:EMU(ヨーロピアン・エコノミック・アンド・マネタリー・ユニオン)
●1989年4月の「ドロール報告書」で示された、3段階からなる通貨統合の構想のこと。経済通貨同盟、経済通貨統合、欧州経済通貨統合ともいう。

 

欧州決済同盟:EPU(おうしゅうけっさいどうめい)

European Payments Union:EPU(ヨーロピアン・ペイメンツ・ユニオン)
●1950年9月に創設された、欧州諸国間の貿易決済を円滑にする役割を担うもの。欧州支払同盟ともいう。

 

欧州原子力共同体:EAEC(ユーラトム)(おうしゅうげんしりょくきょうどうたい)

European Atomic Energy Community:EAEC(ヨーロピアン・アトミック・エナジー・コミュニティー)
●欧州域内の原子力エネルギー分野における協力促進を目的とする機関のこと。1957年3月25日に調印され、1958年1月1日に設立した。

 

欧州支払同盟:EPU(おうしゅうしはらいどうめい)

European Payments Union:EPU(ヨーロピアン・ペイメンツ・ユニオン)
●1950年9月に創設された、欧州諸国間の貿易決済を円滑にする役割を担うもの。欧州決済同盟ともいう。

 

欧州審議会:CE, CoE(おうしゅうしんぎかい)

Council of Europe:CE, CoE(カウンシル・オブ・ヨーロップ)
●1949年5月5日に、ロンドン条約に基づいて創設された国際機関で、欧州における人権、民主主義、法の支配の確立を役割とする。欧州評議会ともいう。

 

欧州人権裁判所:ECHR(欧州評議会)(おうしゅうじんけんさいばんしょ)

European Court of Human Rights:ECHR(ヨーロピアン・コート・オブ・ヒューマン・ライツ)
●欧州人権条約(1953年)に基づいて創設された人権救済機関。欧州評議会の加盟国による人権侵害の監視を行う。

 

欧州政治共同体:EPC(おうしゅうせいじきょうどうたい)

European Political Community:EPC(ヨーロピアン・ポリティカル・コミュニティー)
●1952年に提唱された、欧州内の政治統合・政治協力を図るという構想のこと。

 

欧州石炭鉄鋼共同体:ECSC(おうしゅうせきたんてっこうきょうどうたい)

European Coal and Steel Community:ECSC(ヨーロピアン・コール・アンド・スチール・コミュニティー)
●シューマン・プランを基礎として、1951年4月18日に、フランス、西ドイツ、イタリア、ベネルクス3カ国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)の6カ国が調印(パリ条約:有効期限50年)し、1952年7月23日に発足した経済協力機関。

 

欧州石炭鉄鋼共同体設立条約(おうしゅうせきたんてっこうきょうどうたいせつりつじょうやく)

Treaty establishing the European Coal and Steel Community(トリーティー・エスタブリッシング・ヨーロピアン・コール・アンド・スチール・コミュニティー)
●1951年4月18日に、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)を設立するために、フランス、西ドイツ、イタリア、ベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)の6カ国がパリで調印した条約のこと。パリ条約、ECSC条約ともいう。

 

欧州単一市場(おうしゅうたんいつしじょう)

single European market(シングル・ヨーロピアン・マーケット)
●1993年1月1日に、経済障壁を取り除き、「人、モノ、サービス、資本」の自由移動を実現させた、EC加盟国(12カ国)間における市場のこと。単一市場ともいう

 

欧州単一通貨(導入)(おうしゅうたんいつつうか)

single European currency(シングル・ヨーロピアン・カレンシー)
●ユーロ圏で使われる欧州の単一通貨。1999年1月1日、欧州通貨統合が実現し、欧州単一通貨「ユーロ(euro)」が導入された。

 

欧州単一通貨(流通)(おうしゅうたんいつつうか)

single European currency(シングル・ヨーロピアン・カレンシー)
●ユーロ圏で使われる欧州の単一通貨。2002年1月1日、ユーロ現金(紙幣・硬貨)の流通が始まった。

 

欧州地方自治体会議:CLRAE(欧州評議会)(おうしゅうちほうじちたいかいぎ)

Congress of Local and Regional Authorities of Europe:CLRAE(コングレス・オブ・ローカル・アンド・リージョナル・オーソリティーズ・オブ・ヨーロップ)
●欧州評議会の各加盟国地方代表議員318名で構成される諮問機関。

 

欧州中央銀行:ECB(おうしゅうちゅうおうぎんこう)

European Central Bank:ECB(ユーロピアン・セントラル・バンク)
●通貨統合参加国の金融政策・為替操作と、ユーロの発行を行う機関。物価の安定を目的として、1998年6月1日に設立された。本部はドイツのフランクフルトにある。

 

欧州通貨制度:EMS(おうしゅうつうかせいど)

European Monetary System:EMS(ユーロピアン・マネタリー・システム)
●通貨の安定を図るために、イギリスを除くEC8カ国が加盟して、1979年3月に発足したシステム。1999年1月1日にユーロが導入されるまで機能した。欧州通貨単位(ECU)を創設し、為替相場メカニズム(ERM)を導入した。

 

欧州通貨単位:ECU(おうしゅうつうかたんい)

European Currency Unit:ECU(ヨーロピアン・カレンシー・ユニット)
●欧州共同体EC(後の欧州連合EU)で使われていた通貨単位。ECU(エキュー)と呼ばれている。

 

欧州通貨統合(おうしゅうつうかとうごう)

European monetary union(ユーロピアン・マネタリー・ユニオン)
●1999年1月1日、欧州通貨統合が実現し、欧州単一通貨「ユーロ(euro)」が導入された。

 

欧州統合の父(おうしゅうとうごうのちち)

father of European Integration(ファーザー・オブ・ヨーロピアン・インテグレイション)
●リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギーのことを指す。リヒャルトが1923年に出版した「パン・ヨーロッパ主義」が欧州統合に大きな影響を与えた。EUの父ともいう。

 

欧州統合の母(おうしゅうとうごうのはは)

mother of European Integration(マザー・オブ・ヨーロピアン・インテグレイション)
●リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギーの母である、クーデンホーフ=カレルギー光子のことを指す。欧州統合に大きな影響を与えた「パン・ヨーロッパ主義」を出版したリヒャルトに、高い教育を与えた。EUの母ともいう。

 

欧州評議会:CE, CoE(おうしゅうひょうぎかい)

Council of Europe:CE, CoE(カウンシル・オブ・ヨーロップ)
●1949年5月5日に、ロンドン条約に基づいて創設された国際機関で、欧州における人権、民主主義、法の支配の確立を役割とする。欧州審議会ともいう。

 

欧州復興計画:ERP(おうしゅうふっこうけいかく)

European Recovery Program:ERP(ヨーロピアン・リカバリ・プログラム)
●第二次世界大戦後、米国務長官ジョージ・マーシャルの提案に基づいて、米国が1948年から1951年まで実施した、欧州復興計画(ヨーロッパ復興計画)のこと。マーシャル・プランともいう。

 

欧州防衛共同体:EDC(おうしゅうぼうえいきょうどうたい)

European Defence Community:EDC(ヨーロピアン・ディフェンス・コミュニティー)
●1950年10月に、フランスの首相ルネ・プレヴァン(Rene Pleven)が提唱した、“単一の欧州軍を設立し、東側諸国の脅威に対し、西欧諸国が共同で防衛にあたる”という構想のこと。

 

欧州連合:EU(おうしゅうれんごう)

European Union:EU(ヨーロピアン・ユニオン)
●1992年2月に調印されたマーストリヒト条約(欧州連合条約)に基づいて、欧州共同体(EC)が改称され、1993年11月1日に発足した共同体。

 

欧州連合条約(おうしゅうれんごうじょうやく)

Treaty on European Union(トリーティ・オン・ユーロピアン・ユニオン)
●欧州連合(EU)創設のための条約で、マーストリヒト条約ともいう。1991年12月にオランダのマーストリヒトで行われた欧州理事会で合意、1992年2月に調印、1993年11月に発効した。

 

応募者利回り(おうぼしゃりまわり)

yield to subscribers(イールド・ツー・サブスクライバーズ)
●債券を発行時から最終償還日まで所有した場合の利回り。

トップへ戻る