よくわかる!金融用語辞典 【経済の捉え方】

経済の捉え方(5)

経済(けいざい)
economy(エコノミー)

経済の捉え方(5)

このやりくりを社会全体の視点で捉えると、生産と消費のバランスと置き換えることができます。

 

経済の捉え方

 

モノ(財)のもととなる資源は、豊富に存在するとは限りません。希少(稀少)な資源節約しなければ、やがてなくなってしまいます。
このように、人間の行動に視点をあてると、経済=やりくりと考えられます。これが第2の解釈です。

 

経済の捉え方

 

経済の捉え方

 

-9-

 

 

 

(3)第3の解釈:交換から捉える

 

キーワードは取引

 

(1)では、経済=生産、分配(流通)、消費の循環活動と捉え、この一連の活動で起こる「モノの流れ」に着目しました。モノの流れは、「交換」によって生じます。

 

経済の捉え方

 

貨幣(お金)が流通する現代社会では、モノはお金と「交換」されることで、生産者である企業から、わたしたち消費者の手元に届とどきます。

 

経済の捉え方

 

この交換という活動のことを「取引」といいます。

 

経済の捉え方

 

-10-

 

 

 

スポンサーリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る