よくわかる!金融用語辞典 【景気】

景気

景気(けいき)
business conditions(ビジネス・コンディションズ)

景気

景気とは、経済活動の勢いのことです。

 

経済活動の勢いは、取引量の増減にあらわれるため、景気は取引の状況から捉えられます。

 

◆好景気と不景気

 

モノがよく売れて企業の利益が増加し、個人の所得が増えるよい状態を好景気とか好況といいます。一方、モノの売れ行きが悪く企業の利益が減少し、個人の所得が減る悪い状態を不景気とか不況といいます。

 

◆景気の循環

 

経済活動の状態は、常に変化しています。これを景気循環または景気変動といいます。

 

景気は、「好景気(好況)→後退期→不景気(不況)→回復期」を1つの周期として循環しています。

 

景気

 

◆景気の山と景気の谷

 

景気は、上昇(拡張)する時期と、下降(収縮)する時期を繰り返して循環しています。

 

景気は、下降の下限点である景気の谷から、上昇の上限点である景気の山、そしてまた景気の谷へと循環しています。

 

 

 

景気の循環

 

第1循環

 

景気の山  1951(昭和26)年6月
                   ↓ 後退局面 4ヶ月
景気の谷  1951(昭和26)年10月

 

 

 

第2循環(37ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 27ヶ月
景気の山  1954(昭和29)年1月
                   ↓ 後退局面 10ヶ月
景気の谷  1954(昭和29)年11月

 

 

 

第3循環(43ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 31ヶ月 …神武景気
景気の山  1957(昭和32)年6月
                   ↓ 後退局面 12ヶ月
景気の谷  1958(昭和33)年6月

 

 

 

第4循環(52ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 42ヶ月 …岩戸景気
景気の山  1961(昭和36)年12月
                   ↓ 後退局面 10ヶ月
景気の谷  1962(昭和37)年10月

 

 

 

第5循環(36ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 24ヶ月
景気の山  1964(昭和39)年10月
                   ↓ 後退局面 12ヶ月
景気の谷  1965(昭和40)年10月

 

 

 

第6循環(74ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 57ヶ月 …いざなぎ景気
景気の山  1970(昭和45)年7月
                   ↓ 後退局面 17ヶ月
景気の谷  1971(昭和46)年12月

 

 

 

第7循環(39ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 23ヶ月
景気の山  1973(昭和48)年11月
                   ↓ 後退局面 16ヶ月
景気の谷  1975(昭和50)年3月

 

 

 

第8循環(31ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 22ヶ月
景気の山  1977(昭和52)年1月
                   ↓ 後退局面 9ヶ月

 

景気の谷  1977(昭和52)年10月

 

 

 

第9循環(64ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 28ヶ月
景気の山  1980(昭和55)年2月
                   ↓ 後退局面 36ヶ月
景気の谷  1983(昭和58)年2月

 

 

 

第10循環(45ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 28ヶ月
景気の山  1985(昭和60)年6月
                   ↓ 後退局面 17ヶ月
景気の谷  1986(昭和61)年11月

 

 

 

第11循環(83ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 51ヶ月 …バブル景気
景気の山  1991(平成3)年2月
                   ↓ 後退局面 32ヶ月
景気の谷  1993(平成5)年10月

 

 

 

第12循環(63ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 43ヶ月
景気の山  1997(平成9)年5月
                   ↓ 後退局面 20ヶ月
景気の谷  1999(平成11)年1月

 

 

 

第13循環(36ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 22ヶ月
景気の山  2000(平成12)年11月
                   ↓ 後退局面 14ヶ月
景気の谷  2002(平成14)年1月

 

 

 

第14循環(86ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 73ヶ月 …いざなみ景気
景気の山  2008(平成20)年2月
                   ↓ 後退局面 13ヶ月
景気の谷  2009(平成21)年3月

 

 

 

第15循環(44ヶ月)
                   ↓ 拡張局面 36ヶ月
景気の山  2012(平成24)年3月
                   ↓ 後退局面 8ヶ月
景気の谷  2012(平成24)年11月

 

 

 

第16循環
                   ↓ 拡張局面 71ヶ月
景気の山  2018(平成30)年10月

 

(内閣府HPの景気基準日付より作成)

 

 

景気

 

 

 

◆景気循環の4つの波

 

景気循環は、周期の長さにより、キチンの波、ジュグラーの波、クズネッツの波、コンドラチェフの波の4つにわけられます。

 

景気

 

◆日本の4大景気

 

戦後の日本の大きな景気の拡張局面に、神武景気、岩戸景気、いざなぎ景気、バブル景気があります。これを4大景気と呼んでいます。

 

景気

 

◆景気統計

 

景気の動向を見るための統計として、景気動向指数、景気ウォッチャー調査、消費動向調査、消費者物価指数などが使われています。

 

◆経済の病気

 

市場メカニズムが機能していると、市場の「取引」が自ずと経済の勢いを調整します。

 

景気が過熱すると、市場価格が大きく上昇することで、需要が抑えられます。価格の動きが景気の頭を抑える働きをします。一方、景気が悪化すると、市場価格が大きく下落することで、需要が生み出されます。価格の動きが景気の腰を持ち上げる働きをします。これが、市場がもつ景気の自動調整機能です。

 

これに対して、市場メカニズムが機能していないと、景気はうまく循環しなくなります。経済の変調は、生活をおびやかす経済の病気です。

 

経済の病気は、インフレーション(景気が過熱して物価が継続的に上がっていく現象)、デフレーション(景気が後退して物価が継続的に下がっていく現象)、スタグフレーション(インフレ(物価の継続的上昇)と景気後退が同時に進行する現象)、バブル経済(投機により、資産価格が高騰する現象)の4つに大別されます。

 

景気

スポンサーリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る