スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
        
      
金融大学金融用語辞典 > 限界消費性向
         
    
        

限界消費性向 (げんかいしょうひせいこう)

英語 : marginal propensity to consume (マージナル・プロペンシティ・ツー・コンシューム)

語 : MPC

限界消費性向とは、所得の増加分のうち、消費が増える割合のことをいいます。

限界消費性向は、「消費の増加分凾b」を「所得の増加分凾x」で割った比率のことで、国民所得を1単位増加したときに、消費が何単位増加するかを表します。限界とは、「追加1単位に関しての」という意味があります。

平均消費性向 C/Y

所得のうち、消費に回す割合

限界消費性向 c=凾b/凾x

所得の増加分のうち、消費が増える割合

刄fルタは、変化分を表す記号です)

たとえば、所得が10万円増加したときに、その中から7万円を消費に回したとすると、限界消費性向は0.7(7/10=0.7)となります。

所得全体を1としたときに、1から限界消費性向を除いた残りが限界貯蓄性向sです。したがって、限界消費性向と限界貯蓄性向の合計は1になります。

限界消費性向c+限界貯蓄性向s=1

      
    
  
スポンサーリンク
       
     
     
スポンサーリンク