本文へスキップ

よくわかる!金融用語辞典 | 経済(けいざい)

トップ > 金融用語辞典 > 経済

英語バージョン

よくわかる!金融用語辞典

  • 経済(けいざい)
  • economy(エコノミー)
検索

経済ってなあに?

経済とは、ヒトがモノを使う(消費する)日常生活のことです。ヒトが物を欲しがることを物欲といいます。私たちは、おいしいモノ、素敵なモノ、便利なモノ、楽しいモノなど、いろいろなモノを欲しがります。

日常生活とは、「モノを手に入れる活動」のことです。ヒトが生きていくためには、たくさんのモノが必要です。私たちの生活は、衣食住のあらゆる面において、「生産物を使う(消費する)」ことで成り立っています。私たちは、社会に出て働くことで生産活動に参加し、それから得た収入で、モノを手に入れて生活しています。

要するに、経済とは、個人が物欲を満たす活動(個人の行動)のことです。

     

 

モノとは、日常生活に必要な「生産物」のことです。
生産物とは、人間の物欲を満たし、満足感を与えてくれるもののことです。

生産物は、天然資源(自然に存在する資源)に、労働力を投入して(人が働きかけて)作り出す品物のことです。例えば、自然の海に泳いでいる魚を釣り上げてお店で売ると、生産物になります。荒野の山から石や枝を拾ってお店で売っても、生産物になります。
このほか、品物を作るための道具、機械、設備、建物、道路、鉄道、空港等も生産物です。これらの有形の生産物のことを「(ざい)」といいます。

また、サービス(通信、医療、運輸、教育等)は、目には見えない無形の生産物です。
要するに、生産物とは、「労働」から生み出される「財・サービス」のことです。

     

 

 

経済学の立場から「経済」の意味を考えると、2つの異なる活動として捉えられます。「個人の行動」と「社会における人々の行動」です。

経済を「個人の行動」から捉えると、モノ(財・サービス)を消費するために労働する日常生活の行動のことを意味します。これは、「労働力」という商品を売ってお金を稼ぎ、「財・サービス」という商品を買うという行動と捉えられます。需要は、財・サービスを買うという選択から生まれます。また、労働供給は、労働を売るという選択から生まれます。この行動が、財市場への需要と、労働市場への労働供給となります。

一方、企業は、財・サービスを売るという選択(供給)と労働を買うという選択(労働需要)を行います。この行動が財市場への供給労働市場への労働需要を生み出します。

これらの需要と供給が価格の導きを受けて、財市場と労働市場における取引が成立します。家計と企業の行動(売買選択)が市場取引を成立させます。取引が成立すると、総取引額(GDP)が決まります。
言い換えると、個人の行動(売買選択)が総取引額(GDP)を決めるのです。

ミクロ的視点から経済を捉えようとすると、「個人の行動」が主要な研究テーマになります。

     

 

ちなみに、ミクロ経済学の研究テーマは、家計や企業の行動です。
行動とは、希少な資源の配分に関する意思決定を下すことです。売買の選択をすることです。
要するに、ミクロ経済学では、経済を「選択」のことと捉えています。

     

 

一方、「社会における人々の行動」とは、「経済体制における生産分配の活動」のことです。

経済体制とは、資源配分を行う社会のしくみのことです。
これは、資源からモノ(財・サービス)を生産して社会に供給、さらに生活者(社会の成員)に分配することです。

市場経済という経済体制には、価格が需要と供給のギャップを調整し、経済を均衡させるというメカニズムがあります。これを市場メカニズムと呼んでいます。市場メカニズムがうまく働くと、完全雇用が実現します。
そのときの総取引額を完全雇用GDPといいます。

マクロ的視点から経済を捉えようとすると、「市場経済体制と人々の行動」が主要な研究テーマになります。

     

 

ちなみに、マクロ経済学の研究テーマは、「完全雇用の実現」や「経済成長」です。いずれも、一国の付加価値の規模を増やす方法についての研究です。
要するに、マクロ経済学では、経済を「付加価値」のことと捉えています。

 

     

 

参考

参考までに、一般の辞書による「経済」の説明を載せておきます。

◆ Goo辞書『デジタル大辞泉』小学館      

(https://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/66327/m0u/経済/)

       

経済

1 ㋐ 人間の生活に必要な財貨・サービスを生産・分配・消費する活動。

       また、それらを通じて形成される社会関係。

   ㋑ 金銭のやりくり。「わが家の―は火の車だ」

   ㋒ 費用や手間のかからないこと。倹約。「弁当を持っていくほうが―だ」

2 《「経国済民」「経世済民」の略》 国を治め民を救済すること。政治。

 

スポンサーリンク

 キーワード

生産物

財・サービス

経済体制

資源配分


バナースペース