本文へスキップ

よくわかる!金融用語辞典 | アダム・スミス『国富論』

トップ > 金融用語辞典 > 『国富論』(『諸国民の富』)

よくわかる!金融用語辞典

  • 『国富論』(こくふろん)
  • 『諸国民の富』(しょこくみんのとみ)
  • An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations(アン・イクワイアリー・インツー・ザ・ネイチャー・アンド・コージィズ・オブ・ザ・ウエルス・オブ・ネーションズ)

『国富論』とは?

『国富論』は、古典学派の創始者であるアダム・スミスが1776年に出版した経済学の大著で、『諸国民の富』ともいいます。

原題は『An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations』(諸国民の富の性質と原因に関する研究)です。全5編で構成されています。


内容は?

当時のイギリスは、重商主義(国富=貿易差額による金銀貨幣の蓄積)という経済思想を採用していました。輸出>輸入によって、金銀貨幣をため込む政策です。

しかし、スミスはこの重商主義を批判しました。輸出ばかりでなく、輸入(消費財の購入)による国民生活の向上が、国を豊かにすると考えたのです。

スミスは、富とは生活に役立つ商品であり、富の源は生産を行う労働力にあると考えました。そして、国富(生活に役立つ商品)を増やすには、分業による生産性の向上が大切だと主張しました。

また、市場経済を自由競争に任せれば、需要と供給は自動的に調整され、社会全体は安定すると説きました。このとき、国民生活の満足度は最大化されます。スミスは市場メカニズムのことを「見えざる手」と表現しました。

本書は、近代経済学の基礎となり、現代の経済に大きな影響を与えました。


まとめ

アダム・スミスは、国富論の中で、

(1)富の源は生産を行う労働力である

(2)分業により生産効率が上がる

(3)市場経済は、市場メカニズムが働くことで、国民生活の満足度が最大化される(市場メカニズムのことを「見えざる手」という)

という考えを示しています。


 

 

 キーワード

アダム・スミス

重商主義

分業

自由競争

見えざる手


バナースペース