【問題と解答】ほんの15分で身につく ビジネス(経済)の常識 12選

【問題と解答】ほんの15分で身につく ビジネス(経済)の常識 12選

金融大学(金融大学講座)

ほんの15分で身につく ビジネス(経済)の常識 12選

講師:有馬秀次

問題と解答
  1. 人間の生活に必要なモノ(生産物)を生産・分配・消費する活動のことを(①資源配分、②自然保護)の活動という。
  2. (答え)①資源配分

  3. 「経済」を家計の行動として捉えると、労働と(①販売、②買物)という一連の活動のことを指す。
  4. (答え)②買物)

  5. 1776年に『国富論』を書いたのは誰?➀ アダム・スミス、② ジョン・メイナード・ケインズ
  6. (答え)➀ アダム・スミス

  7. 経済体制とは、資源配分のしくみのことである。モノ(財・サービス)の(➀生産、②消費)と分配のしくみのことである。
  8. (答え)➀生産

  9. 多くの国が採用している経済体制は、(①資本主義、②共産主義)である。
  10. (答え)①資本主義

  11. GDP(国内総生産)とは、一国の(①中間生産物、②最終生産物)の総取引額のことである。GDPは、一国の企業が生み出した付加価値額を合計したものである。
  12. (答え)②最終生産物

  13. 価格とは、商品の価値を(①物質、②貨幣)で表したものである。
  14. (答え)②貨幣

  15. 金利が下がると、お金が借りやすくなる。人々がクレジット払いでモノを買い始めると、景気は(①上昇、②下降)する。
  16. (答え)①上昇

  17. 金利を(①上げる、②下げる)ことでマネーサプライを増やす景気対策を金融緩和という。
  18. (答え)②下げる

  19. 「お金を貸す」とは、「債券を(➀買う、②売る」ことと同じである。
  20. (答え)➀買う

  21. 債券価格が上昇するとき、金利(利回り)は(①上がる、②下がる)関係がある。
  22. (答え)②下がる

  23. 日銀が市場から(①債券、②レシート)や手形を買うことを「買いオペ」と呼ぶ。買いオペは、金融緩和(市場の通貨量を増加させる)に使われる手法である。
  24. (答え)①債券

スポンサーリンク

 

 

金融大学TOP > 金融大学講座 > 【問題と解答】ほんの15分で身につく ビジネス(経済)の常識 12選

トップへ戻る