金融大学(金融大学講座)

債券取引入門講座(全12回) 索引

第1回 債券の意味

  • 債券とは何か
  • 債券の性格(流動性、運用収益確定、安全性)

 

第2回 債券の種類

  • 債券の種類
  • 公共債(国債(償還期限による分類、利付債と割引債、国債の額面、発行目的による分類)、政府短期証券、地方債、政府保証債)
  • 民間債(金融債(利付金融債、割引金融債)、社債(転換社債、新株引受権付社債))

 

第3回 債券の取引用語

  • 額面
  • 債券の価格(オーバーパー、アンダーパー、キャピタルロス、キャピタルゲイン)
  • クーポン(インカムゲイン、割引債、ゼロクーポン債)

 

第4回 債券と利回り

  • 利回り(クーポン収入、売却差益、クーポン収入の再投資収益)
  • 直利(直接利回り)
  • 単利(単利利回り)(所有期間利回り、応募者利回り、最終利回り)
  • 割引債の計算
  • 複利(複利利回り)
  • 利付債の複利利回り
  • 割引債の複利利回り

 

第5回 債券の税金

  • 課税の方法(分離課税、総合課税)
  • 個人の場合(利子に対する税金(利付債、割引債、非課税制度)、売買益に対する税金(申告分離課税、源泉分離課税))
  • 法人の場合(利子に対する税金、売買差益に対する税金、その他の税金)

 

第6回 発行市場

  • 発行市場(公募発行(募集発行、入札発行、売出発行)、私募発行)
  • 発行手続き(引受会社(引受シンジケート団)、受託会社(募集業務、担保業務))
  • 市場規模

 

第7回 流通市場

  • 店頭市場と取引所市場
  • 市場規模
  • 債券売買代金
  • 経過利子

 

第8回 債券相場の見方

  • 債券相場
  • 債券相場は金利動向で決まる
  • 金利は何で決まるか
  • 金融政策
  • 為替と景気
  • 株価と債券相場の関係
  • その他の要因
  • 債券相場の見方

 

第9回 単利と複利

  • 利回り(単利、複利、現在価値、将来価値)
  • 債券の利回り
  • 複利利回りの計算法(1年超の割引債の利回り、年1回利付債の利回り、年2回利払いの利付債(米国方式、AIBD方式))
  • 等比級数の和の公式

 

第10回 イールドカーブ

  • イールドカーブとは何か
  • パー・イールドとゼロ・クーポン・イールド
  • パー・イールドの問題点
  • スポット・レートの推定法
  • イールド・カーブの形状
  • イールド・カーブの理論(純粋期待仮説、流動性プレミアム仮説、市場分断仮説)
  • 用語解説:キャッシュ・フロー

 

第11回 デュレーション

  • デュレーションとは何か(平均回収期間、価格弾力性、修正デュレーション)
  • デュレーションの計算法
  • デュレーションと債券価格
  • デュレーションの特性(残存期間、クーポン、利回り)
  • デュレーションの利用法(イミュニゼーション)

 

第12回 公社債の運用

  • 公社債の運用(債券ポートフォリオ、債券ポートフォリオの型、売買手法)
  • 債券ポートフォリオの型(右肩下がり型、右肩上がり型、バランス型)
  • 売買手法(金利見通しによる入替、最終利回りアップの入替、直利アップの入替、時間差入替、流動性アップの入替)
  • ポートフォリオ運用戦略(アクティブ運用、パッシブ運用)
  • アクティブ運用(金利予測に基づく戦略、ミス・プライシング銘柄発掘)
  • パッシブ運用(バランス型(ラダー型、ダンベル型)、インデックス運用、デディケーション(キャッシュフロー・マッチング戦略、イミュニゼーション戦略))
  • リスクとリターン
スポンサーリンク

金融大学TOP > 金融大学講座 > 債券取引入門講座 索引

トップへ戻る