よくわかる!金融用語辞典 【交換】

交換

交換(こうかん)
exchange(エクスチェンジ)

交換

商品(財やサービス)とお金を交換することを取引といいます。

 

取引は、売り手と買い手が「ある価格」で交換に合意することで成立します。取引が成立すると、価格と取引量が決まります。

 

◆物々交換=経済の始まり

 

わたしたちは、衣食住などの欲望を満たすために、たくさんのモノを生産し、それらを消費しています。しかし、自分に必要なすべてのモノを、自分一人の力でつくりだすことはできません。

 

そこで、各々が生産したモノをお互いに交換しあうようになりました。これを物々交換といいます。物々交換により、交換のしくみが誕生しました。これが経済の始まりです。

 

≪交換取引は経済の基本≫

 

わたしたちの暮らしは、モノ(財)やサービスの交換取引で成り立っています。

 

交換取引は、経済の基本です。この交換取引を支えているのが貨幣です。

 

貨幣は、「場所を越えての交換取引」の実現と、「時間を越えての交換取引」の実現という役割を果たしています。

スポンサーリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る