よくわかる!金融用語辞典 【経済政策】

経済政策

経済政策(けいざいせいさく)
economic policy(エコノミック・ポリシー)

経済政策

経済政策とは、物価の安定、雇用水準の維持、最適な資源配分、所得の再分配などの経済の目標を達成させるための政府の政策をいいます。

 

マクロ経済学では、経済の状態(物価が安定しているか、失業がないか)を判断し、経済政策の必要性を見極めます。

 

≪財政政策と金融政策≫

 

経済政策は、大きく、財政政策と金融政策にわけられます。財政政策は、需要に直接働きかける方法です。一方、金融政策は、需要に間接的に働きかける方法です。

 

◆財政政策とは何か

 

財政政策とは、政府が公共事業の拡大(または縮小)や増税(または減税)をすることによって、需要の拡大や抑制を図る政策のことです。

 

財政政策の手段は、(1)フィスカル・ポリシー、(2)ビルトイン・スタビライザーにわけられます。

 

◆金融政策とは何か

 

金融政策とは、日本銀行が利子率を変えることによって、マネーストック(世の中のお金の量)を調節する政策のことです。利子率の変更は、民間投資に影響を与えます。

 

金融政策の手段は、(1)金利政策、(2)オペレーション(公開市場操作)、(3)法定準備率操作に大別されます。

スポンサーリンク

参考ファイル

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る