よくわかる!金融用語辞典 【価値貯蔵手段】

価値貯蔵手段

価値貯蔵手段(かちちょぞうしゅだん)
means of store of value(ミーンズ・オブ・ストア・オブ・バリュー)

価値貯蔵手段

価値貯蔵手段とは、「お金をたくわえる」という貨幣の役割のことをいいます。

 

価値貯蔵手段

 

お金は、貯蓄することで、将来に備えてお金の価値をたくわえることができます。お金は、モノと違って腐ることはありません。貯めておけば、いつでも好きなときにモノと交換(購入)することができます。たくさん貯めておけば、高価なモノと交換(購入)することもできます。

 

このように、商品を購入せずに貯めておけるお金のことを貯蔵貨幣といいます。お金の価値は明日になっても変わらないので、貯蔵手段になります。これが、貨幣の「価値貯蔵手段」としての役割です。

 

≪お金の役割≫

 

お金には、大きく分けて(1)価値の尺度、(2)交換(決済)手段、(3)価値貯蔵手段 という3つの役割があります。

 

価値貯蔵手段

スポンサーリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る