よくわかる!金融用語辞典 【均衡予算乗数】

均衡予算乗数

均衡予算乗数(きんこうよさんじょうすう)
balanced budget multiplier(バランスト・バジット・マルチプライヤー)

均衡予算乗数

均衡予算乗数とは、予算を均衡させながら、歳出(政府支出)と歳入(租税)の規模を同額にした場合に、国民所得に与える影響のことをいいます。

 

均衡予算乗数

 

均衡予算とは、政府支出⊿G=租税⊿Tにすることです(⊿デルタは、変化分を表す記号です)。このとき、均衡予算乗数は1倍になります。

 

たとえば、政府支出を10兆円行い、増税をして10兆円集めると、国民所得は10兆円だけ増えることを表します。

 

均衡予算乗数

 

政府支出乗数と租税乗数を合計すると1倍になります。

スポンサーリンク
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る