スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
        
      
金融大学金融用語辞典 > 総需要曲線
        
    
        

総需要曲線 (そうじゅようきょくせん)

英語 : aggregate demand curve (アグリゲイト・ディマンド・カーブ)

略語AD曲線

総需要曲線とは、総需要の動きを表す曲線で、AD曲線ともいいます。総需要曲線は、総需要関数をグラフに描いたものです。

≪45度線分析の総需要曲線≫

総需要曲線は、縦軸に総需要、横軸に国民所得を目盛に持ち、縦軸の切片を「基礎消費α+投資I」とする限界消費性向βの傾きをもつ右上がりの直線です。これは、消費関数のグラフを投資Iだけ上方へシフトさせたものとなります(民間経済モデルの場合)。

民間経済モデルに政府支出(G)を追加した国民経済モデル閉鎖経済モデル)の場合や、さらに海外との取引(NX)を追加した国際経済モデル開放経済モデル)の場合でも、政府支出Gや海外取引NXは固定的支出(一定額)として扱うので、総需要曲線の形状は同じです。縦軸の切片は、「基礎消費α+投資I+政府支出G」、または「基礎消費α+投資I+政府支出G+海外取引NX」となります。

※海外との取引(NX)は、純輸出輸出X−輸入M)に書き換えられます。

(注)説明をやさしくするために、図には直線を表示しています。なお、直線は、曲線の一種です。

≪AD−AS分析の総需要曲線≫

AD曲線(総需要曲線)は、財市場貨幣市場均衡させる「物価水準と総需要」の組み合わせをグラフに描いたものです。ADとは、総需要(Aggregate Demand)のことで、総支出を意味します。

AD曲線は、縦軸に物価、横軸に総需要を目盛にとったグラフで、その傾きは、「物価と総支出」の相関関係を表す右下がりの曲線になります。

◆財政政策と金融政策の効果

財政政策によって政府支出を増加させると、利子率上昇と物価上昇を伴って、国民所得が増加します。このとき、AD曲線は右にシフトします。

一方、金融政策によって貨幣供給量を増加させると、利子率低下と物価上昇を伴って、国民所得が増加します。このとき、AD曲線は右にシフトします。

      
    
  
スポンサーリンク
       
     
     
スポンサーリンク