よくわかる!金融用語辞典 索引【よう】

索引【よう】

索引【よう】

用役

(ようえき)

用役

人が手助けしてくれる行為のこと。「サービス」ともいう。
通信、医療、運輸、教育などの、形のないを指す。これを「無形財」という。
財・サービスを一言で「財」とあらわす場合もある。

要求払預金(ようきゅうばらいよきん)

demand deposit(ディマンド・デポジット)
●預金者の要求によっていつでも払い戻すことのできる預金。

陽線(ようせん)

white bar(ホワイト・バー)
●相場が上昇した場合に、白のローソクで表示したもの。

要素所得(ようそしょとく)

factor income(ファクター・インカム)
●企業が財やサービスを生産するのに必要な資源(資本、土地、労働など)の提供者(資本家、地主、労働者など)が受け取る所得のこと。

要素費用表示(ようそひようひょうじ)

at factor cost(アト・ファクター・コスト)
●生産要素に支払う費用で表示した、という意味。

要素費用表示の国内所得(ようそひようひょうじのこくないしょとく)

national income at factor cost(ナショナル・インカム・アト・ファクター・コスト)
●国内所得(DI)のこと。

スポンサーリンク
トップへ戻る