よくわかる!金融用語辞典 索引【LA】

索引【LA】

よくわかる!金融用語辞典【L】

LA LB LC LD LE
LF LG LH LI LJ
LK LL LM LN LO
LP LQ LR LS LT
LU LV LW LX LY
LZ L

索引TOPに戻る

 

 

スポンサーリンク

索引【LA】

labor

(レイバー)
●労働/企業が財やサービスを生産するのに必要な資源である生産要素の1つ。

 

labor force employed

(レイバー・フォース・インプロイド)
●就業者/従業者と休業者を合わせたもの。

 

labor force population

(レイバー・フォース・ポピュレイション)
●労働力人口/15歳以上の人口のうち、就業者と完全失業者を合わせたもの。働く意思を持つ者の合計をいう。

 

labor force survey

(レイバー・フォース・サーベイ)
●労働力調査/景気や雇用対策などの資料として利用するために、総務省が日本の就業状態を調査・公表するもの。

 

labor market

(レイバー・マーケット)

①「労働市場」

●労働市場/労働力を取引する市場のこと。

②「資本主義市場経済体制」

●労働市場/労働者のもつ労働力を商品として売買する市場のこと。

 

labor theory of value

(レイバー・セオリー・オブ・バリュー)
●労働価値説/財(商品)の価値は、生産に投入された労働量あるいは、労働時間の大きさで決まると説明する理論のこと。客観的価値論ともいう。

 

lagging indicator

(ラギング・インディケーター)
●遅行指数/半年から1年後の景気の状態を示す(景気動向指数)。

 

land

(ランド)
●土地/企業が財やサービスを生産するのに必要な資源である生産要素の1つ。

 

L'Aquila Summit

(ラクイラ・サミット)
●ラクイラ・サミット/2009年7月8日~10日に、イタリアのラクイラで開かれた第35回目のサミット。議長国はイタリア。参加首脳は、(日)麻生首相、(米)オバマ大統領、(英)ブラウン首相、(仏)サルコジ大統領、(独)メルケル首相、(伊)ベルルスコーニ首相、(加)ハーパー首相、(露)メドヴェージェフ大統領、(欧州)バローゾ欧州委員会委員長、ラインフェルト欧州理事会議長。

 

Laspeyres

(ラスパイレス)
●ラスパイレス/ラスパイレス指数を提唱したドイツの経済学者(統計学者)。

 

Laspeyres index

(ラスパイレス・インデックス)
●ラスパイレス指数/基準年の取引数量ウエイトで加重平均した総和。

 

Lausanne school

(ロウザン・スクール)
●ローザンヌ学派/スイスのローザンヌ大学を拠点に、フランスの経済学者ワルラスによって創始された学派。一般均衡学派ともいう。

 

law of one price

(ロー・オブ・ワン・プライス)
●一物一価の法則/物やサービスの取引が自由に行える市場では、同じ商品の価格は1つに決まるという法則。

 

Lawrence Robert Klein

(ローレンス・ロバート・クライン)
●ローレンス・ロバート・クライン(1920-2013)は、米国の経済学者。
●1980年にノーベル経済学賞を受賞。
●著書は、『ケインズ革命』(1947年)、『アメリカ合衆国の経済変動』(1950年)、『計量経済学』(1953年)、『計量経済学入門』(1962年)など。

トップへ戻る