よくわかる!金融用語辞典 索引【CA】

索引【CA】

よくわかる!金融用語辞典【C】

CA CB CC CD CE
CF CG CH CI CJ
CK CL CM CN CO
CP CQ CR CS CT
CU CV CW CX CY
CZ

索引TOPに戻る

 

 

スポンサーリンク

索引【CA】

Cairo conference

(カイロ・カンファレンス)
●カイロ会談/1943年11月22日に、アメリカ、イギリス、中華民国がエジプトのカイロで行った会談のこと。

 

calendar year

(キャレンダー・イヤー)
●暦年/1月~12月までの1年間のこと。

 

call

(コール)
●コール/オプション取引において、ある商品を一定の価格で買う権利のこと。

 

call loan

(コール・ローン)
●コールローン/短資会社が資金の取り手(借りる側)に貸付けた資金のこと。

 

call market

(コール・マーケット)
●コール市場/金融機関のごく短期の資金貸借を行う。

 

call money

(コール・マネー)
●コールマネー/短資会社が資金の出し手(貸す側)から調達した資金のこと。

 

Cambridge school

(ケンブリッジ・スクール)
●ケンブリッジ学派/マーシャルによって創始されたイギリスの経済学派。

 

Camp David Summit

(キャンプ・デービッド・サミット)
●キャンプ・デービッド・サミット/2012年5月18日~19日に、米国のメリーランド州・キャンプ・デービッドで開かれた第38回目のサミット。議長国は米国。参加首脳は、(日)野田首相、(米)オバマ大統領、(英)キャメロン首相、(仏)オランド大統領、(独)メルケル首相、(伊)モンティ閣僚評議会議長、(加)ハーパー首相、(露)メドヴェージェフ首相、(欧州)ロンパイ欧州理事会議長、バローゾ欧州委員会委員長。

 

candlestick chart

(キャンドルスティック・チャート)
●ローソク足/1日の値動きをローソク型の記号で表示したグラフ。陰陽線ともいう。

 

CAP

(Common Agricultural Policy:コモン・アグリカルチュラル・ポリシー)
●共通農業政策/ローマ条約の目標の1つ。加盟国間の農産物価格を統一し、加盟国以外からの輸入に共通の課徴金を課すという政策。

 

capital

(キャピタル)
●資本/企業が財やサービスを生産するのに必要な資源である生産要素の1つ。

 

capital adequacy ratio

(キャピタル・アディクアシ・レシオ)
●自己資本比率/総資産額(融資や債券)に対する自己資本の占める割合。

 

capital gain

(キャピタル・ゲイン)
●キャピタルゲイン/購入時の単価より売却時の単価が高いことによる利益。償還差益ともいう。

 

capital goods

(キャピタル・グッズ)
●資本財/将来の生産のために使用する機械、設備、原料などの財のこと。

 

Capital in the Twenty-First Century

(キャピタル・イン・ザ・トゥウェンティー・ファースト・センチュリー)
●21世紀の資本/トマ・ピケティの主著。ピケティは、「21世紀の資本」(2013年)において、過去200年間の欧米諸国の納税記録から、所得と富の関係を調査・分析し、「r> g」(富の増加率は国民所得の成長率よりも高い)という傾向を見出した。

 

capital increase

(キャピタル・インクリース)
●増資/会社が新株を発行して資本を増やすこと。

 

capital loss

(キャピタル・ロス)
●キャピタルロス/購入時の単価よりも売却時の単価が低いことによる損失。償還差損ともいう。

 

capital market

(キャピタル・マーケット)
●資本市場/長期(期間1年以上)の金融取引が行われる市場。長期金融市場、キャピタルマーケットともいう。

 

capital stock

(キャピタル・ストック)
●資本金/株主が出資した事業のもとになるお金。

 

capitalism

(キャピタリズム)

①「資本主義」

●資本主義/利潤を得ることを目的とする資本家が、企業を経営して商品を生産する経済体制のこと。

②「経済史」

●資本主義/生産手段を私有する資本家が、商売を目的に、モノ(財・サービス)を社会に供給する経済体制のこと。

③「経済体制」

●資本主義/生産の視点から見た経済体制。生産手段(資源、生産技術、労働力)を所有する資本家(企業)が、利益を得る目的で商品(財・サービス)を生産して、社会(生活者)に供給するしくみのこと。

④「資本主義」

●資本主義/生産手段(資源、生産技術、労働力)を所有する資本家(企業)が、利益を得る目的で商品(財・サービス)を生産して、社会(生活者)に供給するしくみのこと。資本主義の問題は、資本家の行動にある。

⑤「資本主義市場経済体制」

●資本主義/資本家が商売を目的にモノ(財・サービス)を社会に供給する経済体制(生産と分配のしくみ)のこと。16世紀のイギリスのエンクロージャー(囲い込み)運動が発端となった。

 

capitalist

(キャピタリスト)
●資本家/生産手段(土地や資本)を私有する資産家のこと。商売に必要なモノを作るために労働者を雇う。

 

capitalist market economy system

(キャピタリスト・マーケット・エコノミー・システム)

①「資本主義市場経済体制」

●資本主義市場経済体制/資本主義における市場経済の体制のこと。資源配分の調整を民間主導で行う。

②「経済史」

●資本主義市場経済/資源配分を民間の企業に任せる経済体制のこと。日本や米国をはじめ、多くの国が採用している。

 

cash and deposits ratio

(キャッシュ・アンド・デポジット・レシオ)
●現金預金比率/現金と預金の割合のこと。

 

cash balance equation

(キャッシュ・バランス・イクウェイション)
●(ケンブリッジ学派の)現金残高方程式/フィッシャーの交換方程式の変形版「Mv=PY」から導き出したもの。

 

cash currency

(キャッシュ・カレンシー)
●現金通貨/(お財布の中の)日銀券と硬貨のこと。

 

cash flow

(キャッシュ・フロー)
●キャッシュ・フロー/金額・発生時期・受払いの方向という要素で出来ている「お金の流れ」。

 

cash flow management

(キャッシュ・フロー・マネージメント)
●キャッシュフロー経営/キャッシュフローに着目して、経営の健全度を高めていく経営手法。

 

cash flows statement

(キャッシュ・フローズ・ステートメント)
●キャッシュフロー計算書/「お金の流れ」を見るための財務諸表。

 

cash option

(キャッシュ・オプション)
●現物オプション/現物市場を対象にしたオプション。

 

cash preference

(キャッシュ・プリファレンス)
●貨幣選好/所得を貨幣で保有しようとする欲求のこと。

 

cash-secured bond lending transaction

(キャッシュ・セキュアード・ボンド・レンディング・トランズアクション)
●現金担保付債券貸借取引/品貸し料をとって債券の貸借を行う。債券レポ取引、債券貸借取引ともいう。

 

Cassel

(カッセル)
●G・カッセル/購買力平価説を唱えたスウェーデンの経済学者。

トップへ戻る