スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
2018年7月
  
金融大学経済ニュース > 2018年7月
  
バックナンバーへ
   
         
2018年7月31日(火)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=111円39−41銭で前日(午後5時)比37銭円安・ドル高1ユーロ=130円50−54銭で前日(午後5時)比95銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2553円72銭(前日比8円88銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1753.29(同14.86ポイント低)となりました。
   
内閣府が7月の消費動向調査を発表
東京都の消費者態度指数(季節調整値)は、二人以上の世帯で43.5(前月比0.2ポイント低下)となりました。
消費者態度指数は今後半年間の購買意欲を示す指数で、消費者の「暮らし向き」、「収入の増え方」、「雇用環境」、「耐久消費財の買い時判断」の4項目について調査したものです。(参考:消費動向調査
      
総務省が労働力調査を発表
6月の完全失業率(季節調整値)は2.4%(前月比0.2%増)、完全失業者数は166万人(前月比15万人増)となりました。完全失業率とは、完全失業者の全労働人口に占める割合のことで、総務省が毎月調査をしています。 (参考:労働力調査
   
日銀が金融緩和策を修正
日銀は、金融政策決定会合で、金融緩和策の修正を決めました。現行の誘導目標は「短期金利:マイナス0.1%、長期金利:0%程度」で据え置きました。その上で、長期金利は「経済・物価情勢等に応じて上下にある程度変動しうるもの」として、金利上昇を事実上容認し、「弾力的な買入れを実施する」と明記しました。
また、前もって将来の金融政策の方針を表明する「フォワードガイダンス」を導入し、「当分の間、現在のきわめて低い長短金利の水準を維持することを想定している」と明記しました。
               
2018年7月30日
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=111円02−04銭で先週末(午後5時)比横ばい、1ユーロ=129円55−59銭で先週末(午後5時)比25銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2544円84銭(先週末比167円91銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1768.15(同7.61ポイント低)となりました。
  
日銀が指し値オペを通知
日本銀行は、7月23日、27日に続き、今月3度目の指し値オペを実施しました。買い入れ対象は残存期間「5年超10年以下」の国債で、長期金利の指標となる新発10年物国債を買い入れる際の利回りは0.100%としました。1兆6403億円の応札が集まり、全額を落札しました。(参考:指し値オペ
               
2018年7月27日(金)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=111円02−04銭で前日(午後5時)比33銭円安・ドル高1ユーロ=129円30−34銭で前日(午後5時)比51銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2712円75銭(前日比125円88銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1775.76(同9.98ポイント高)となりました。
       
総務省が消費者物価指数を発表
7月の東京都区部の生鮮食品を除いた総合指数は100.5で、前年同月比で0.8%上昇しました。(参考:消費者物価指数
  
日銀が指し値オペを通知
日本銀行は、7月23日に続き、今月2度目の指し値オペを実施しました。買い入れ対象は残存期間「5年超10年以下」の国債で、長期金利の指標となる新発10年物国債を買い入れる際の利回りは0.100%としました。940億円の応札が集まり、全額を落札しました。(参考:指し値オペ
               
2018年7月26日(木)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=110円69−71銭で前日(午後5時)比56銭円高・ドル安1ユーロ=129円81−85銭で前日(午後5時)比23銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2586円87銭(前日比27円38銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1765.78(同12.30ポイント高)となりました。  
               
2018年7月25日(水)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=111円25−27銭で前日(午後5時)比05銭円安・ドル高1ユーロ=130円04−08銭で前日(午後5時)比02銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2614円25銭(前日比103円77銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1753.48(同6.62ポイント高)となりました。
               
2018年7月24日(火)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=111円20−21銭で前日(午後5時)比24銭円安・ドル高1ユーロ=130円06−10銭で前日(午後5時)比12銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2510円48銭(前日比113円49銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1746.86(同8.16ポイント高)となりました。
    
内閣府が5月の景気動向指数(改定値)を発表
先行指数が106.9(前月比0.7ポイント上昇)、一致指数が116.8(同0.7ポイント下降)、遅行指数が117.9(同0.6ポイント上昇)となりました。(参考:景気動向指数
               
2018年7月23日
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=110円96−97銭で先週末(午後5時)比1円48銭円高・ドル安1ユーロ=130円18−22銭で先週末(午後5時)比71銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2396円99銭(先週末比300円89銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1738.70(同6.28ポイント低)となりました。
  
日銀が指し値オペを実施
日本銀行は、2018年2月2日以来、約5か月半ぶりに指し値オペ(公開市場操作)を実施しました。買い入れ対象は残存期間「5年超10年以下」の国債で、応札はありませんでしたが、長期金利は一時0.065%に低下しました。(参考:指し値オペ
               
2018年7月20日(金)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=112円44−45銭で前日(午後5時)比52銭円高・ドル安1ユーロ=130円89−93銭で前日(午後5時)比23銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2697円88銭(前日比66円80銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1744.98(同4.61ポイント低)となりました。
       
総務省が消費者物価指数を発表
6月の全国の生鮮食品を除いた総合指数は101.0で、前年同月比で0.8%上昇しました。(参考:消費者物価指数
               
2018年7月19日(木)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=112円96−98銭で前日(午後5時)比09銭円高・ドル安1ユーロ=131円12−16銭で前日(午後5時)比27銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2764円68銭(前日比29円51銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1749.59(同1.62ポイント低)となりました。
         
財務省が貿易統計(速報、通関ベース)を発表
6月の貿易黒字(輸出額から輸入額を差し引いた輸出超過額)は7214億円(前年同月比66.5%増)、輸出額は7兆0524億円(6.7%増)、輸入額は6兆3310億円(2.5%増)、対米貿易黒字は5903億円(0.5%増)、対EU貿易黒字は291億円、対アジア貿易黒字は8182億円(46.2%増)、対中貿易赤字676億円(68.4%減)となりました。
     
月例経済報告
政府は7月の月例経済報告で、景気判断を「景気は、緩やかに回復している。」として据え置きました。(月例経済報告と金融経済月報
               
2018年7月18日(水)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=113円05−07銭で前日(午後5時)比71銭円安・ドル高1ユーロ=131円39−43銭で前日(午後5時)比37銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2794円19銭(前日比96円83銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1751.21(同6.16ポイント高)となりました。
               
2018年7月17日(火)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=112円34−35銭で先週末(午後5時)比44銭円高・ドル安1ユーロ=131円76−80銭で先週末(午後5時)比59銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2697円36銭(先週末比100円01銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1745.05(同14.98ポイント高)となりました。
               
2018年7月13日(金)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=112円78−79銭で前日(午後5時)比45銭円安・ドル高1ユーロ=131円17−21銭で前日(午後5時)比08銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2597円35銭(前日比409円39銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1730.07(同20.39ポイント高)となりました。
               
2018年7月12日(木)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=112円33−34銭で前日(午後5時)比1円33銭円安・ドル高1ユーロ=131円25−29銭で前日(午後5時)比1円01銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2187円96銭(前日比255円75銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1709.68(同7.80ポイント高)となりました。
               
2018年7月11日(水)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=111円00−02銭で前日(午後5時)比07銭円高・ドル安1ユーロ=130円24−28銭で前日(午後5時)比21銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万1932円21銭(前日比264円68銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1701.88(同14.25ポイント低)となりました。   
               
2018年7月10日(火)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=111円07−09銭で前日(午後5時)比67銭円安・ドル高1ユーロ=130円45−49銭で前日(午後5時)比52銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2196円89銭(前日比144円71銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1716.13(同4.34ポイント高)となりました。
       
日本銀行がマネーストック(速報)を発表
6月のマネーストック(M3)は、1336兆6000億円(前年同月比2.7%増)となりました。「M3」は、マネーストックの代表的な指標で、現金・要求払預金・定期性預金・譲渡性預金の合計です。
               
2018年7月9日
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=110円40−41銭で先週末(午後5時)比17銭円高・ドル安1ユーロ=129円93−97銭で先週末(午後5時)比54銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万2052円18銭(先週末比264円04銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1711.79(同20.25ポイント高)となりました。
      
財務省が国際収支状況(速報)を発表
5月の経常収支(モノやサービスの海外との取引状況を示す)の黒字額は1兆9383億円、輸出額は6兆3232億円(前年同月比10.6%増)、輸入額は6兆6271億円(13.7%増)、貿易赤字3038億円となりました。
     
6月の景気ウォッチャー調査を発表
内閣府がタクシー運転手などに景気の聞きこみ調査を行った結果、3か月前と比較した景気の現状を示す判断指数(季節調整値)は48.1(前月比1.0ポイント上昇)、2、3か月先の景気の先行きに対する判断指数(季節調整値)は50.0(前月比0.8ポイント上昇)となりました。判断指数は、50以上なら景気の現状や見通しは良く、50以下なら悪いと判断されます。(参考:景気ウォッチャー調査
               
2018年7月6日(金)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=110円57−58銭で前日(午後5時)比08銭円高・ドル安1ユーロ=129円39−43銭で前日(午後5時)比09銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万1788円14銭(前日比241円15銭高)、東証株価指数(TOPIX)は1691.54(同15.34ポイント高)となりました。
     
財務省が6月末の外貨準備高を発表
1兆2587億4800万ドル(前月末比42億7100万ドル増)となりました。(参考:外貨準備高
    
内閣府が5月の景気動向指数(速報)を発表
先行指数が106.9(前月比0.7ポイント上昇)、一致指数が116.1(同1.4ポイント下降)、遅行指数が118.8(同1.5ポイント上昇)となりました。(参考:景気動向指数
         
米労働省が雇用統計を発表
6月の雇用統計(季節調整済み)によると、米国の失業率は4.0%(前月3.8%)、非農業部門の就業者数は21万3000人増となりました。
               
2018年7月5日(木)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=110円65−66銭で前日(午後5時)比18銭円安・ドル高1ユーロ=129円30−34銭で前日(午後5時)比59銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万1546円99銭(前日比170円05銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1676.20(同17.05ポイント低)となりました。
               
2018年7月4日(水)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=110円47−48銭で前日(午後5時)比51銭円高・ドル安1ユーロ=128円71−75銭で前日(午後5時)比80銭円高・ユーロ安となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万1717円04銭(前日比68円50銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1693.25(同0.45ポイント高)となりました。
               
2018年7月3日(火)
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=110円98−99銭で前日(午後5時)比25銭円安・ドル高1ユーロ=129円51−55銭で前日(午後5時)比73銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万1785円54銭(前日比26円39銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1692.80(同2.49ポイント低)となりました。
   
日本銀行がマネタリーベースを発表
6月のマネタリーベース(日銀券、貨幣流通高、日銀当座預金の合計)の平均残高は493兆3638億円(前年同月比7.4%増)、月末残高は502兆9173億円となりました。
               
2018年7月2日
   
円相場
東京外国為替市場の円相場(午後5時)は、1ドル=110円73−74銭で先週末(午後5時)比10銭円安・ドル高1ユーロ=128円78−82銭で先週末(午後5時)比20銭円安・ユーロ高となりました。
  
日経平均株価
東京株式市場の日経平均株価(225種)の終値は2万1811円93銭(先週末比492円58銭安)、東証株価指数(TOPIX)は1695.29(同35.60ポイント低)となりました。
      
        
  
スポンサーリンク
       
        
バックナンバーへ
         
スポンサーリンク