スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  2019年5月
  
金融大学のマンスリー市場レポートです。2019年5月の主な出来事や景気判断を掲載しています。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、円相場(東京、NY)の推移グラフと数値表へのリンクもあります。
 
金融大学市場レポート > 2019年5月のレポート
 
    
  
主な出来事
5/1 皇太子さまが新天皇陛下(第126代)に即位、「令和」が始まる
5/4 北朝鮮が日本海に向けて短距離ミサイルを発射
5/7 令和初の取引で、日経平均株価(225種)が大幅続落(終値は連休直前の4月26日比335円01銭安の2万1923円72銭)
5/8 日経平均株価(225種)が3日続落(終値は321円13銭安の2万1602円59銭)
5/9 日経平均株価(225種)が4日続落(終値は200円46銭安の2万1402円13銭)
5/9 北朝鮮が飛翔体を発射
5/9 消費者態度指数が7か月連続で低下、4月は前月比0.1ポイント低い40.4(内閣府の消費動向調査)
5/10 2018年12月末時点の国の借金(国債、借入金、政府短期証券の合計)は1103兆3543億円で、3年連続で過去最大を更新、国民1人あたり約874万円(財務省より発表)
5/10 宮崎県で震度5弱の地震発生(震源は日向灘、マグニチュードは6.3)
5/10 トランプ米政権が対中制裁関税をから25%(現行10%)に引き上げ(約5700品目が対象)
5/10 日経平均株価(225種)が5日続落(終値は57円21銭安の2万1344円92銭)
5/13 内閣府が3月の景気動向指数を発表、基調判断が6年2か月ぶりに「悪化」へ下方修正
5/13 日経平均株価(225種)が6日続落(終値は153円64銭安の2万1191円28銭)
5/13 米通商代表部が中国への制裁関税「第4弾」の詳細を発表、スマートフォンを含む3805品目(総額3000億ドル分(約33兆円))に最大25%の関税を検討
5/14 日経平均株価(225種)が7日続落(終値は124円05銭安の2万1067円23銭)
5/14 南太平洋のパプアニューギニア沖でマグニチュード(M)7.5の地震発生
5/15 米商務省がファーウェイ(中国の通信機器最大手)への輸出(米国製ハイテク部品など)を事実上禁止すると発表
5/16 日経平均株価(225種)が約1か月半ぶりの安値(終値は125円58銭安の2万1062円98銭)
5/24 5月の月例経済報告で、景気判断を2か月ぶりに下方修正
5/24 英国のメイ首相が、欧州連合(EU)からの離脱問題で辞任する考えを発表
5/25 千葉県南部でマグニチュード(M)5.1の地震発生(最大震度5弱)
5/26 南米のペルーでマグニチュード(M)8.0の地震発生
5/28 金融庁が野村ホールディングスと野村証券に業務改善命令を発動(東京証券取引所の市場再編に関する情報漏洩問題
5/28 米財務省が日本など9か国を為替操作の「監視リスト」の対象へ(日本、中国、ドイツ、イタリア、韓国、アイルランド、シンガポール、マレーシア、ベトナム)
5/28 南米ベネズエラの中央銀行が、2013-2018年間に経済が47.6%縮小し、2018年のインフレ率は13万60%に達したと発表
5/29 日経平均株価(225種)が約2か月ぶりの安値(終値は256円77銭安の2万1003円37銭)
5/29 日銀の2019年3月時点の保有資産(国債やETFなど)が、前年比5.4%増の557兆円で過去最高
5/29 ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値が約3か月ぶりの安値(終値は221.36ドル安の2万5126.41ドル)
5/29 東証株価指数(TOPIX)が約4か月半ぶりの低水準(4.43ポイント安の1531.98)
5/30 厚生労働省が、韓国から輸入する水産物(ヒラメ、アカガイ、ウニなど)のモニタリング検査を強化すると発表
5/31 内閣府が5月の消費動向調査を発表、消費者態度指数が8か月連続で低下し、4年4か月ぶりの低水準(前月比1.0ポイント低い39.4)
5/31 米格付け会社S&Pグローバル・レーティングがインドネシアのソブリン格付けを「BBB-」から「BBB」に引き上げ(見通しは安定的)
5/31 日経平均株価(225種)が2月8日以来の安値(終値は341円34銭安の2万0601円19銭)
5/31 東証株価指数(TOPIX)が3日続落(19.70ポイント安の1512.28)
5/31 ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値が約4か月ぶりの安値(終値は354.84ドル安の2万4815.04ドル)
  
景気判断
政府の景気判断
(月例経済報告)
5/24
景気は、輸出や生産の弱さが続いているものの、緩やかに回復している。(下方修正)
日銀の景気判断
(経済・物価情勢の展望)
4/25
わが国の景気は、輸出・生産面に海外経済の減速の影響がみられるものの、所得から支出への前向きの循環メカニズムが働くもとで、基調としては緩やかに拡大している。
  
金融市場調節方針
4/25 短期金利:政策金利残高にマイナス金利(−0.1%)を適用
長期金利:長期国債を買い入れ、10年物国債の金利をゼロ%程度に操作(年間増加額約80兆円を目途に買い入れ、「弾力的な買入れを実施する」と明記)
  
  
表中の数値は月末時点のものです。
クリックすると、推移グラフと数値表が見られます(新しいウィンドウが開きます)。
 
日経平均株価(225種)
4月末 2万2258円73銭    
5月末 2万0601円19銭 1657円54銭安 7.45%下落
  
東証株価指数(TOPIX)
4月末 1617.93    
5月末 1512.28 105.65ポイント低 6.53%下落
  
NYダウ
4月末 26,592.91ドル    
5月末 24,815.04ドル 1777.87ドル安 6.69%下落
  
円相場(1ドル=円) 東京市場
4月末 111円67−68銭  
5月末 108円77−78銭 2円90銭円高・ドル安
  
円相場(1ドル=円) NY市場
4月末 111円39−49銭  
5月末 108円23−33銭 3円16銭円高・ドル安
  
円相場(1ユーロ=円) 東京市場
4月末 124円40−44銭  
5月末 121円19−23銭 3円21銭円高・ユーロ安
      
    
  
スポンサーリンク
       
市場レポートに戻る
      
スポンサーリンク