よくわかる!金融用語辞典 【アレクサンダー・ハミルトン】

アレクサンダー・ハミルトン

アレクサンダー・ハミルトン
Alexander Hamilton(アレクサンダー・ハミルトン)

アレクサンダー・ハミルトン

「アレクサンダー・ハミルトン」とは?

 

1755年-1804年。米国の初代財務長官を務め、1791年の「第一合衆国銀行」の設立を提唱した。アメリカ合衆国建国の父の1人で、アメリカ合衆国憲法の実際の起草者でもある。

 

1784年に米国最古参の銀行ニューヨーク銀行(バンク・オブ・ニューヨーク)を、1801年に米国最古の新聞といわれるニューヨーク・ポスト紙を創業した。

 

とても優秀で天才とも評される人物で、米国の10ドル紙幣の肖像として描かれている。

 

1804年に、対立する政治家のアーロン・バー(第3代米国副大統領:1801年-1805年)と銃による決闘を行い、49歳で死去した。

 

アレクサンダー・ハミルトン

スポンサーリンク

金融大学TOP > よくわかる!金融用語辞典 > アレクサンダー・ハミルトン

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップへ戻る