スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
        
      
金融大学金融用語辞典 > 効用価値説
        
    
        

効用価値説 (こうようかちせつ)

英語 : utility theory of value (ユーティリティ・セオリー・オブ・バリュー)

効用価値説とは、財(商品)価値は、効用(満足感)の大きさで決まると説明する理論です。

効用価値説は、財の交換価値の大きさが、一人ひとりの主観的な限界効用の大きさで決まると考えるところから、主観的価値論とも呼ばれています。

効用価値説は、ゴッセンにより創始され、メンガーワルラスジェボンズらによって提唱された19世紀半ばの新古典派経済学価値論です。

古典派経済学

労働価値説(財の価値は労働の大きさで決まる)
客観的価値論ともいう

新古典派経済学

効用価値説(財の価値は効用の大きさで決まる)
主観的価値論ともいう

      
    
  
スポンサーリンク
       
     
     
スポンサーリンク