スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
         
    
金融大学金融用語辞典 > 価格メカニズム
         
    
        

価格メカニズム (かかくめかにずむ)

英語 : price mechanism (プライス・メカニズム)

価格メカニズムとは、商品価格が変化することで、需要供給が等しくなるように調整されるしくみのことをいいます。価格メカニズムのことを価格調整メカニズム、価格機構、市場メカニズム、市場機構などともいいます。

市場では、市場価格が動くことによって、需要量と供給量の過不足が調整され、好ましい状態(均衡状態)に導かれます。価格メカニズムは、最適な資源配分を実現するしくみです。

価格メカニズムによる需給の均衡は、アダム・スミスの著書「国富論」で提唱され、経済学の根幹となった理論です。さらに、新古典学派のレオン・ワルラスは、数学を使って均衡理論を発展させています。

≪価格メカニズムが働く市場≫

新古典学派は、市場では価格メカニズムが働くとして、需給の不均衡は価格で調整されると考えました。これを価格調整といいます。

超過需要の場合には、価格が上昇することで、需要が減って均衡します。一方、超過供給の場合には、価格が下落することで、需要が増えて均衡します。

これが、総供給の大きさに総需要が合わせるように調整されるという「セイの法則」です。新古典学派の考え方は、長期経済モデル(長期の経済現象の分析)にあてはまります。

≪価格メカニズムが働かない市場≫

ケインズ学派は、市場では価格メカニズムが働かないとして、需給の不均衡は数量で調整されると考えました。これを数量調整といいます。

超過需要の場合には、数量が増加することで、供給が増えて均衡します。一方、超過供給の場合には、数量が減少することで、供給が減って均衡します。

これが、総需要の大きさに総供給が合わせるように調整されるという「有効需要の原理」で、過剰な設備や失業がある経済を前提にしています。ケインズ学派の考え方は、短期の経済モデル(短期の経済現象の分析)にあてはまります。

 

価格メカニズム

需給の調整

理 論

経済モデル

新古典学派

働く

価格調整

セイの法則

長期

ケインズ学派

働かない

数量調整

有効需要の原理

短期

      
    
  
スポンサーリンク
       
     
     
スポンサーリンク