スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
金融大学金融用語辞典
           
金融用語辞典 よ
       
       
よあ よい よう よえ よお よか よき よく よけ よこ よさ よし よす よせ よそ  
よた よち よつ よて よと よな よに よぬ よね よの よは よひ よふ よへ よほ    
よま よみ よむ よめ よも よや よゆ よよ よら より よる よれ よろ よわ よん よー
       
       
         
よう
前頁へ  索引に戻る
        
用役
【ようえき】
【services サービシィズ】
人が手助けしてくれる行為のこと。サービスともいう。
            
要求払預金
【ようきゅうばらいよきん】
【demand deposit ディマンド・デポジット】
預金者の要求によっていつでも払い戻すことのできる預金。
            
陽線
【ようせん】
【white bar ホワイト・バー】
相場が上昇した場合に、白のローソクで表示したもの。
            
要素所得
【ようそしょとく】
【factor income ファクター・インカム】
企業が財やサービスを生産するのに必要な資源(資本、土地、労働など)の提供者(資本家、地主、労働者など)が受け取る所得のこと。
            
要素費用表示
【ようそひようひょうじ】
【at factor cost アト・ファクター・コスト】
生産要素に支払う費用で表示した、という意味。
            
要素費用表示の国内所得
【ようそひようひょうじのこくないしょとく】
【national income at factor cost ナショナル・インカム・アト・ファクター・コスト】
国内所得(DI)のこと。
            
      
    
  
スポンサーリンク
       
          
次頁へ  索引に戻る
         
スポンサーリンク