スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > ケインズ経済学
    
   
ケインズ経済学 【 けいんずけいざいがく 】
Keynesian economics 【 ケインジアン・エコノミクス 】
            
  
      
ケインズ経済学とは、イギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズ(1883 - 1946)が、著書『雇用・利子および貨幣の一般理論』(1936)で展開した「有効需要の原理」という学説のことです。
     
有効需要の原理は、「需要がGDPの大きさを決定する」と考える学説です。
     
1929年の世界大恐慌から長引く不況を克服するために生まれました。
     
有効需要の原理では、不況でモノが売れない理由は需要不足にあると説明します。需要不足であるため、GDPの大きさは、過少水準の取引量に決まります。
      
これを完全雇用水準の取引量に誘導するには、政府が需要を創出してやればよいと考えます。
     
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク