スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > 資本主義
    
   
資本主義 【 しほんしゅぎ 】
capitalism 【 キャピタリズム 】
            
  
      
資本主義とは、生産手段(資源、生産技術、労働力)を所有する資本家(企業)が、利益を得る目的で商品(財・サービス)を生産して、社会(生活者)に供給するしくみのことです。
      
資本主義の問題点
      
資本主義の問題は、資本家が自己の利益を追求しようと行動することにあります。
     
1つは、資本家が、財市場を独占的に支配しようとすることです。財市場がある企業に独占されると、自由競争がもたらす価格調整メカニズムが働かなくなるため、最適な資源配分はなされなくなります。
     
もう1つは、労働者の賃金を低めにしようとすることです。労働市場において、最適な分配がなされなくなります。
     
また、資本家は私有財産を投資するだけで贅沢な生活を送れますが、労働者は自らの労働力を売ることでしか生活できません。
     
資本家と労働者間の収入格差は、社会に不平等感を抱かせます。これが社会体制に対する不満となり、拡大していくことが懸念されています。
      
マルクスやピケティの資本主義に対する批判
      
カール・マルクスは、『資本論』(1867)において、「資本家が労働者を搾取する結果、格差が拡がり、やがて資本主義は崩壊する」と主張しました。
     
一方、トマ・ピケティは、「21世紀の資本」(2013年)において、過去250年間の欧米先進諸国の納税記録のデータから、資本収益と国民所得の関係を調査しました。
     
その結果、「所得分配の格差は拡大しており、今後もその傾向は続くだろう」という研究成果を発表しています。
     
ピケティは、この膨大な調査から、「r> g」という歴史的な経済動向を見出しました(rは富への収益率、gは経済成長率)。これは、資本家の収益率が、労働者の経済成長率よりも大きいということを意味します。
     
つまり、資本家はますます富んでいき、労働者との所得格差が拡大していく、ということです。
     
なお、ピケティは、「今後も所得格差拡大の傾向は続くだろう」と予測しています。
      
      
また、ピケティは、資本主義を否定するのではなく、世界各国の政府間で「金融情報」を共有し、「グローバルな累進課税」を行えば、格差問題は是正可能だとの見解を示しています。
      
※カール・マルクス(1818年~1883年)は、ドイツ出身の経済学者・哲学者・革命家・思想家。盟友のエンゲルスとともに「科学的社会主義」を創設した。主著「資本論」で資本主義を分析・批判した。
      
※トマ・ピケティ(1971年~)は、フランスの経済学者。経済的不平等を専門とし、2013年に発行した著書『21世紀の資本』は世界各国で100万部超のベストセラーとなっている。
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク