スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > 経済史
    
   
経済史 【 けいざいし 】
economic history 【 エコノミック・ヒストリー 】
            
  
      
経済史は、経済体制の歴史の研究です。経済現象のありのままの姿を把握し、各時代の社会秩序の実態を分析することで、経済体制の規範(あるべき姿)を探求します。
     
経済史の重要性は、過去の経済現象を研究して、そこから新しい知恵(経済理論)を引き出すことにあります。これを温故知新といいます。
     
現在の経済体制は、資本主義・市場経済
   
世界には、たくさんの国があります。国には、国を繁栄させ、国民を幸福にする義務があります。
現在、日本や米国をはじめ、多くの国が採用する経済体制を、資本主義・市場経済といいます。
     
資本主義・市場経済は、資源配分を民間の企業に任せる経済体制のことです。
資本主義とは、生産手段を私有する資本家が、商売を目的に、モノ(財・サービス)を社会に供給する経済体制のことです。
一方、市場経済とは、企業(資本家)と家計(労働者)が、市場を通じて取引することで、モノを分配する経済体制のことです。つまり、資本主義と市場経済は、同じ経済体制(注)のことを指しています。
※同じ経済体制(注)…解説のファイルがあります。
     
     
(資本主義を否定し、資源配分のしくみを政府が決める体制を社会主義といいます。社会主義を選択している国には、中国やベトナムなどがあります。)
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク