スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > 市場(いちば)
    
   
市場 【 いちば 】
marketplace 【 マーケットプレイス 】
            
  
      
市場(いちば)とは?
     
市場(いちば)とは、複数の商人と買物客が集まって、取引(商品の売買)を行う施設や場所のことです。
   
野菜や果物を取引する青物市場(あおものいちば)や、水産物を取引する魚市場(うおいちば)などがあります。ショッピングモール(大規模な商店街)も市場です。
   
      
誰が取引するの?
     
複数の商人と買物客たちです。
     
商人(しょうにん)とは、商業を営む人のことで、「あきんど」などとも読みます。
商人は、利益を得ることを目的に、市場でモノ(財やサービス)を売ります。このような事業のことを商業といいます。商人はモノの売り手、供給者です。
         
      
一方、買い物客は、効用(満足感)を得るために、市場で生活に必要なモノや欲しいモノを買います。買い物客はモノの買い手、需要者です。
      
市場には、人がたくさん集まる
     
市場には、大勢の商人と、大勢の買い物客が集まります。
   
モノを売買したい人がたくさん集まるので、商人はモノの買い手を探す費用が省けます。
一方、買い物客もモノの売り手を探す手間が省けます。
       
      
市場では、競争が生まれる
     
市場では、商人の間に、モノを売るための競争が生まれます。
売るモノの品質が同じなら、他の商人よりも価格を下げないと、売れ残ってしまいます。
     
     
その結果、市場では、モノが適正価格で売買されます。
     
市場には、取引を活発化させる力があります。
       
       
   
【 参考ファイル 】   市場(しじょう)とは?
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク