スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > マイナス金利政策(1ページ目)
    
   
マイナス金利政策 【 まいなすきんりせいさく 】
negative interest rates policy 【 ネガティブ・インタレスト・レートツ・ポリシー 】
            
  
      
マイナス金利政策とは?
マイナス金利政策」とは、民間金融機関が日本銀行当座預金に預けている余剰資金の金利を「マイナス」にする、という政策のことです。
      
日銀がマイナス金利を初導入!
     
2016年1月29日、日本銀行は金融政策決定会合を開き、追加の金融緩和策として、「マイナス金利政策」を導入することを決めました(実施は2月16日からです)。
     
日本銀行は、日本銀行当座預金を3段階の「階層構造」に分類し、その一部にマイナス金利(−0.1%)を適用します。
     
当座預金全体にマイナス金利を適用しないのは、銀行の収益に大きな悪影響が出るのを避けるためです。
     
分類 金利 2016年2月
(日銀試算)
@基礎残高
これまでの超過準備額
(余剰資金)
2015 年1月〜12 月積み期間
(基準期間)における平均残高
+0.1% 約210兆円
Aマクロ加算残高 所要準備額(※) 0% 約10兆円
貸出支援基金および被災地支援オペ 等 約30兆円
B政策金利残高
2/16以降の超過準備額
(余剰資金)
各金融機関の当座預金残高のうち、
@とAを上回る部分
−0.1% 約10兆円
日本銀行当座預金残高 約260兆円
     
(※)日本銀行に無利子で預け入れるよう義務づけられているお金のこと。
     
   参考:日本銀行HP「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入
          (https://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k160129a.pdf)
   参考:日本銀行HP「本日の決定のポイント」
          (http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k160129b.pdf)
      
導入の背景
     
中国経済の減速と原油安により、世界経済(景気)の減速傾向が鮮明になっています。
   
2016年1月の日本経済は、センチメント(市場心理)が円高・株安によりデフレ方向へふれると考えられました。
   
そのため、日本銀行には、追加の金融緩和(量的緩和)が市場から求められていました。
     
しかし、量的緩和には限界があります。そこで、新たな金融緩和の手段として、「マイナス金利」を導入したのです。
      
日銀はどんな金融政策をしてきたの?
     
日本銀行は、これまで、「金利」に着目した政策や、「資金量」に着目した政策を導入してきました。
     
今回は、「量的・質的金融緩和」をさらに強化した「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入し、「量的緩和」、「質的緩和」、「マイナス金利」の3つの面から、デフレ脱却を目指します。
     
金融政策 金融市場調節方針 / 内容
通常の金融政策
(公開市場操作)
金利 : 無担保コールレート(オーバーナイト物)
債券や手形を売買することで、資金を供給(または吸収)し、金利水準を誘導する
ゼロ金利政策(異例の政策)
1999年2月〜2000年8月
2010年10月〜2013年3月
金利 : 無担保コールレート(オーバーナイト物)
より潤沢な資金供給を行い、金利をゼロ近辺まで下げる
量的緩和(異例の政策)
2001年3月〜2006年3月
資金量 : 日本銀行の当座預金残高
当座預金残高を増額して潤沢な資金供給を行うことで、金利はゼロ近辺まで下がる
(ゼロ金利政策と同じ効果が得られる)
量的・質的金融緩和
(異次元緩和)
2013年4月〜
資金量 : マネタリーベース(資金供給量)
物価上昇率2%の目標を2年で実現させ、デフレ脱却を目指す。
量的金融緩和(世の中のお金の量を増やす)
質的金融緩和(多様な質の金融資産を買い増やす)
マイナス金利付き量的・質的金融緩和
(異次元緩和を強化)
2016年2月〜
資金量 : マネタリーベース(資金供給量)
物価上昇率2%の目標を実現させ、デフレ脱却を目指す。
日銀当座預金の一部にマイナス金利を適用する。
量的金融緩和(世の中のお金の量を増やす)
質的金融緩和(多様な質の金融資産を買い増やす)
      
マイナス金利は、もっと拡大するの?
     
世界では、スイス、スウェーデン、デンマーク、欧州中央銀行(ECB)がマイナス金利をすでに導入しています。それぞれの金利は、2月11日時点で、以下のようになっています。
     
国・地域 マイナス金利
スイス −0.75%
スウェーデン −1.25%
デンマーク −0.65%
欧州中央銀行(ECB) −0.30%
日本 −0.10%
     
世界各国のマイナス金利水準と比べても、日本銀行のマイナス金利は、さらに拡大させる余地が残っています。
     
日本銀行は、「今後、必要な場合、さらに金利を引き下げる。」と明記しています。
     
      
個人の預金はどうなるの?
     
今回導入された「マイナス金利」は、民間金融機関が日本銀行にお金を預ける場合に適用される金利です。
  
日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は、「民間金融機関の個人向け預金には、マイナス金利はつかない」との認識を示しています。
   
しかし、「マイナス金利」によって、金融機関の収益低下が懸念されており、その影響が個人や法人の預金者に及ぶ可能性もあるとして、金融庁が調査を始めています。
     
主要銀行で、定期預金の金利を引き下げる動きが広がっています。私たち個人の暮らしに、どのような影響が出るのでしょうか。
       
   
【 参考ファイル 】   マイナス金利
マイナス金利政策(2)
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク