スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
   
金融大学金融用語辞典 > マイナス金利
    
   
マイナス金利 【 まいなすきんり 】
negative interest rates 【 ネガティブ・インタレスト・レートツ 】
            
  
      
マイナス金利ってなあに?
     
マイナス金利」とは、金利がマイナスになることです。お金の貸し借りにおいては、貸し手が借り手に金利を支払うことをいいます。
   
通常は、お金を貸すと、金利を受け取れます。例えば、元金(貸し借りするお金)を100円とすると…
金利が5%なら、5円を受け取れます。これが「プラス金利」です。
金利が0%なら、受け払いはありません。これが「ゼロ金利」です。
しかし、金利が−5%だと、5円を支払わなければいけません。これが「マイナス金利」です。
   
一方、お金を借りるときは、上記の逆になります。「プラス金利」では5円を支払わなければいけませんが、「マイナス金利」では5円を受け取れます。
    
金利 貸すとき 借りるとき
お金の貸し借り
(元金100円)
プラス金利
(+5%)
+5円
(受け取る)
−5円
(支払う)
ゼロ金利
(0%)
0円
(受け払いなし)
0円
(受け払いなし)
マイナス金利
(−5%)
−5円
(支払う)
+5円
(受け取る)
      
銀行に預金すると…?
     
通常、わたしたち個人が銀行に預金する場合は、「プラス金利」です。したがって、わずかですが、預金者に金利が付きます。
  
しかし、「マイナス金利」が適用されると、預金者が銀行に、金利を支払うことになります。銀行にお金を預けっぱなしにすると、預金額はどんどん目減りしていきます。
      
マイナス金利でも預金する?
     
お金の貸し借りにおいて、「マイナス金利」を適用することは、通常はありません(※1)。
金利分を支払ってまで、誰かにお金を貸そうなんて、普通は考えないでしょう。
     
しかし、お金の貸し手に、何らかの利点(メリット)があると、「マイナス金利」が成立します。
    
例えば、現金を自分で保管するのは心配です。自宅に置いておいたら、泥棒が入るかもしれませんし、持ち歩いたら、落としてしまうかもしれません。
   
銀行の貸金庫は利用料が必要ですし、お金を出し入れするたびに、貸金庫まで行く手間も掛かります。
     
でも、銀行に預金しておけば、安心です。盗まれたり落としたりする心配はありませんし、入出金も便利です。
     
そこで、「マイナス金利」を安全のコストと捉えて、銀行預金を受け入れることが考えられます(貸金庫の利用料を考えると、マイナス2%ぐらいが限度でしょうか?)。(※2)
     
(※1)超低金利(ゼロ金利政策)、金融危機、中央銀行の金融緩和策などの場合に、一時的にマイナス金利が発生することがあります。
(※2)元日銀副総裁の岩田一政氏は、ロイターのインタビューで、マイナス金利は2%程度まで拡大可能との見方を示しています。
       
   
      
    
  
スポンサーリンク
       
   
   
スポンサーリンク