スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
       
    
金融大学金融用語辞典 > キャッシュフロー計算書(4)フリーキャッシュフロー
      
     
        

                      

キャッシュフロー計算書(4)フリーキャッシュフロー

                         

会社の余剰資金のこと。会社の価値を表す

事業の拡大、株主配当、借入金返済などに使う

                   

フリーキャッシュフローとは、会社が稼いだお金から、会社が活動するのに必要なお金を差し引いた、余剰資金のことをいいます。

フリーキャッシュフローは、会社の価値を表します。そのため、会社が経営努力を行う場合の判断基準として利用されます。

≪使い道≫

フリーキャッシュフローは、会社が自由に使えるお金です。お金の使い道には、事業の拡大、株主配当、借入金返済などがありますが、何にいくら使うか、会社の経営手腕が問われるところです。

フリーキャッシュフローの使用方法

事業の拡大

新規事業のための投資や貯金

株主への還元

株主への配当金支払、自己株式の取得

財務体質の改善

借入金の返済、社債の償還  など

≪計算方法≫

フリーキャッシュフローには、何をフリーキャッシュフローとみなすかによって、いくつかの計算方法がありますが、営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを差し引く方法が一般的です。

ただし、投資キャッシュフローは必ずマイナスになるとは限りません。資産処分等を進めている場合には、プラスとなることもあります。

計算上は営業キャッシュフローと投資キャッシュフローの合計額が、フリーキャッシュフローとなります。

フリーキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

投資キャッシュフロー

自由に使えるお金

 

営業で稼いだお金

 

将来の利益獲得
現在の事業活動維持

   

フリーキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

(−投資キャッシュフロー)

※営業キャッシュフローが「3」、投資キャッシュフローが「−2」の場合には、フリーキャッシュフロー=3+(−2)=3−2=1となります。また、投資キャッシュフローが「+2」の場合には、フリーキャッシュフロー=3+2=5となります。

≪フリーキャッシュフローによる企業判断≫

フリーキャッシュフローは、企業の本当の実力を示しています。フリーキャッシュフローが多いほど、経営状態のよい企業と判断されます。逆に、フリーキャッシュフローが少ないほど、経営状態の悪い企業と判断されます。

企業は、フリーキャッシュフローをよくするための経営努力を行うことが大切です。しかし、フリーキャッシュフローを減らさないために有意義な投資を行わないなど、将来の利益向上に対して消極的になると、将来のキャッシュフローが悪化してしまいます。

投資家側も、フリーキャッシュフローの数値だけで企業判断を行わず、フリーキャッシュフローの使い方、将来に対する経営意欲なども含めて、総合的に判断することが必要です。

       
     
      
    
  
スポンサーリンク
       
     
     
スポンサーリンク