スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
      
   
金融大学金融用語辞典 > スワップ取引(1)スワップとは何か
     
   
      

                   

スワップ取引(1)スワップとは何か

                         

スワップ…等価のキャッシュ・フローを交換する取引の総称

金利スワップ…同じ通貨間の異なる種類の金利を交換する取引

通貨スワップ…異種通貨間の異なる種類の金利を交換する取引

                 

スワップとは、交換という意味で、等価のキャッシュ・フローを交換する取引の総称です。2者間で同じ価値をもつ「将来の一連のお金の流れ」を交換する取引です。

契約では、お金をいつ交換するのか、その金額をどう計算するのかを決めておきます。スワップの交換は1回だけではなく、長期間にわたって数回行われるのが普通です。取引は、売り手1人に買い手1人の相対(あいたい)取引で行われます。

スワップ取引は、何を交換するのかで、金利スワップと通貨スワップに分けられます。

金利スワップとは、同じ通貨間の異なる種類の金利を交換する取引です。この取引では、通常、元本の交換をしません。金利計算のために元本を名目上決めています。これを想定元本(そうていがんぽん)と呼んでいます。

一方、通貨スワップとは、異種通貨間の異なる種類の金利を交換する取引です。この取引では、元本の交換をします。

スワップ取引

…等価のキャッシュ・フローを交換する取引の総称

金利スワップ

同じ通貨間の異なる種類の金利を交換

元本を交換しない

通貨スワップ

異種通貨間の異なる種類の金利を交換

元本を交換する

スワップは、現物取引と比べてコストが小さく、事務手続が簡単です。例えば、債務を交換するには、面倒な法的手続きが必要です。しかし、スワップ取引を使うと、金利支払い部分を交換するだけで、法的な手続きなしに債務の交換を行うのと同じ経済的効果が得られます。

スワップ取引は、1981年にIBMと世界銀行との間で取り交わされた米ドルとスイスフランの通貨スワップがはじめとされています。

当初のスワップ取引は、想定元本が変わらないキャッシュフローの簡単な取引でした。これを「プレインバニラ」と呼んでいます。これは、トッピングのないアイスクリームをプレインバニラというところから名付けたものです。最近は、想定元本が変化する複雑なキャッシュフローのスワップが行われるようになっています。

         
     
      
    
  
スポンサーリンク
       
     
     
スポンサーリンク