スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  
      
   
金融大学金融用語辞典 > ケインズ経済学と新古典派経済学
    
   
      

ケインズ経済学と新古典派経済学

マクロ経済学では、「どのように国民所得が決まるのか」についての議論が展開されています。この議論を大別すると、ケインズ経済学と新古典派経済学という2つの理論にわけられます。

ケインズ経済学は、有効需要の原理を基盤にして、「需要側が国民所得を決定する」と考える理論です。これは、経済に十分な供給能力(生産能力、労働力)があるとして、(1)市場は超過供給(需要<供給)である、(2)失業が解消されない、という前提から生まれました。経済は「完全雇用水準での均衡」に対して不均衡(不安定)な状態にあるという考え方です。

ケインズは、失業の原因は、「需要不足により、過少雇用水準で経済が均衡しているため」だと考えました。そこから、「政府が積極的な経済政策(公共事業)を行って、需要不足を解消するべきだ」という理論が展開されています。経済政策には財源が必要であるため、国民の租税負担は大きくなります。国民負担の大きい政府を目ざします。

ケインズが需要サイドを重視する理論を展開していることから、ケインズ経済学のことをディマンドサイド経済学、ケインズモデルのことを需要重視モデルといいます。また、経済が「完全雇用水準での均衡」に対して不均衡な状態にある短期を想定していることから、ケインズモデルのことを短期均衡モデルと呼ぶ場合もあります。

一方、新古典派経済学は、セーの法則を基盤にして、「供給側が国民所得を決定する」と考える理論です。これは、(1)価格メカニズムにより市場は完全雇用水準で均衡(需要=供給)している、(2)完全雇用が達成されている、という前提から生まれました。不況は一時的なもので、市場に任せておけば、価格メカニズムが働いて完全雇用状態が生まれ、経済は安定した均衡状態になるという考え方です。政府が必要以上に経済に介入しない、国民負担の小さい政府を目ざしています。

新古典学派が供給サイドを重視する理論を展開していることから、新古典派経済学のことをサプライサイド経済学(広義)、新古典派モデルのことを供給重視モデルといいます。また、経済が均衡状態にある長期を想定していることから、新古典派モデルのことを長期均衡モデルと呼ぶ場合もあります。

≪ケインズ経済学と新古典派経済学の比較≫

 

ケインズ経済学(ディマンドサイド経済学)

新古典派経済学(サプライサイド経済学)

モデルの
呼び方

・ケインズモデル

・需要重視モデル

(需要サイドを重視するモデル)

・短期均衡モデル

(市場メカニズムが働かない状態のモデル)

・新古典派モデル

・供給重視モデル

(供給サイドを重視するモデル)

・長期均衡モデル

(市場メカニズムが働いている状態のモデル)

理論の基盤

有効需要の原理

セーの法則

経済の状態

(想定)

不安定な状態

非自発的失業者が発生

過少雇用水準で均衡

安定した状態

完全雇用を達成

完全雇用水準で均衡

市場の状態

(想定)

需要不足、超過供給(需要<供給)

均衡(需要=供給)

価格
メカニズム

機能しない数量で調整される

(価格が下方硬直的で下がらない)

機能する価格で調整される

(価格が伸縮的で、均衡に向かって動く)

国民所得
の決定

需要側が国民所得を決定する」と考える

過少雇用国民所得

供給側が国民所得を決定する」と考える

完全雇用国民所得

経済政策

裁量的経済政策は必要(大きな政府)

裁量的経済政策は不要(小さな政府)

金融
政策

有効需要を積極的に管理する

裁量方式

有効需要を消極的に管理するのみ

k%ルール(貨幣供給量を一定に管理)

財政
政策

総需要拡大政策で需要を増やす

乗数効果を利用

不要

経済政策
の効果

経済政策を行う→短期的に有効

不況時…総需要拡大政策(デフレ対策)

好況時…総需要抑制政策(インフレ対策)

経済政策を行わない→長期的に有効

経済政策
の欠点

インフレ(物価が上がる)になる

不況克服に時間がかかりすぎる

(注)ここでの分類は、理論をやさしく解説するための便宜上のもので、諸学説とは見解の異なる点があります。

      
    
  
スポンサーリンク
       
   
     
スポンサーリンク