スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  2016年7月
  
金融大学のマンスリー市場レポートです。2016年7月の主な出来事や景気判断を掲載しています。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、円相場(東京、NY)の推移グラフと数値表へのリンクもあります。
 
金融大学市場レポート > 2016年7月のレポート
 
    
  
主な出来事
7/1 国税庁が2016年分の路線価(1/1時点)を発表、8年ぶりに上昇(全国平均で前年比0.2%上昇)
7/1 長期金利(新発10年物国債の利回り)が過去最低を更新(前日比0.025%低いマイナス0.255%まで低下)
7/1 財務省が2015年度の国の一般会計決算を発表、税収は56兆2854億円(前年比2兆3147億円増)
7/4 6月のマネタリーベース(資金供給量)の月末残高が過去最高を更新、初の400兆円超(403兆9372億円)
7/6 日本銀行が公開市場操作(オペレーション)を実施(市場に2億2000万ドル(約222億円)を供給)
7/6 長期金利(新発10年物国債の利回り)が過去最低を更新(一時、前日比0.030%低いマイナス0.285%まで低下)
7/8 長期金利(新発10年物国債の利回り)が過去最低を更新(一時、前日比0.025%低いマイナス0.300%まで低下)
7/8 国際通貨基金(IMF)がユーロ圏のGDP成長率予想を見直し(前回の4月予想から、2016年は1.5%から1.6%に上方修正、2017年は1.6%から1.4%に下方修正)
7/10 第24回参議院選挙(与党が勝利)
7/11 与党の参院選勝利による景気対策への期待感から、日経平均株価(225種)が全面高(終値は601円84銭高の1万5708円82銭)
7/12 日経平均株価(225種)が約半月ぶりに1万6000円台を回復(終値は386円83銭高の1万6095円65銭)
7/9-10 中国・上海で、主要20か国・地域(G20)貿易相会合
7/13 英国の新首相にテリーザ・メイ内相が就任
7/14 ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値が過去最高値を更新(終値は134.29ドル高の1万8506.41ドル)
7/14 フランス南部ニースでテロ(花火の見物客にトラック突入、84人死亡)
7/15 無料通話アプリのLINEが日米で同時上場(ニューヨークでの初値は42ドル(約4400円)、東証での初値は4900円)
7/15 トルコで軍の一部によるクーデターが発生(未遂)
7/15 中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の「国際諮問委員会」委員に、鳩山由紀夫元首相が就任することが決定
7/17 「ル・コルビュジエの建築作品」(国立西洋美術館など7か国17作品)が世界文化遺産に登録決定
7/18 ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値が過去最高値を5営業日続けて更新(終値は16.50ドル高の1万8533.05ドル)
7/19 国際通貨基金(IMF)が2016年の経済成長率見通しを発表(前回の4月予想から、世界は3.2%から3.1%に下方修正、日本は0.5%から0.3%に下方修正)
7/19 米共和党が不動産王ドナルド・トランプ氏を大統領候補に指名
7/20 6月の訪日外国人旅行者数は前年同月比23.9%増の198万6000人(6月の過去最高を更新)
7/20 ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値が過去最高値を7営業日続けて更新(終値は36.02ドル高の1万8595.03ドル)
7/22 スマートフォンゲーム「ポケモンGO」が日本で配信開始
7/26 鹿児島市・桜島で爆発的噴火
7/26 米民主党がヒラリー・クリントン前国務長官を大統領候補に指名
7/27 米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を現状維持(FF金利の目標誘導0.25-0.50%に維持)
7/27 茨城県北部で震度5弱の地震発生(マグニチュード5.3)
7/29 日本銀行が金融政策決定会合で、追加の金融緩和策を決定(上場投資信託(ETF)の買い入れ枠を年3.3兆円から年6兆円に増加)
7/30 太平洋の北マリアナ諸島付近で地震発生(マグニチュード7.7)
7/31 東京都知事選、小池百合子・元防衛相が当選(初の女性都知事)
  
景気判断
政府の景気判断
(月例経済報告)
7/25
景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。(据え置き)
日銀の景気判断
(経済・物価情勢の展望)
7/29
わが国の景気は、新興国経済の減速の影響などから輸出・生産面に鈍さがみられるものの、基調としては緩やかな回復を続けている。
  
金融市場調節方針
7/29 マネタリーベースが、年間約80兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。
基準貸付利率(旧公定歩合)を0.3%に据え置き
補完当座預金制度の適用利率を−0.1%に引き下げ(政策金利残高分、2/16〜)
  
  
表中の数値は月末時点のものです。
クリックすると、推移グラフと数値表が見られます(新しいウィンドウが開きます)。
 
日経平均株価(225種)
6月末 1万5575円92銭    
7月末 1万6569円27銭 993円35銭高 6.38%上昇
  
東証株価指数(TOPIX)
6月末 1245.82    
7月末 1322.74 76.92ポイント高 6.17%上昇
  
NYダウ
6月末 17,929.99ドル    
7月末 18,432.24ドル 502.25ドル高 2.80%上昇
  
円相場(1ドル=円) 東京市場
6月末 102円69−70銭  
7月末 103円61−64銭 0円92銭円安・ドル高
  
円相場(1ドル=円) NY市場
6月末 103円14−24銭  
7月末 101円99銭−102円09銭 1円15銭円高・ドル安
  
円相場(1ユーロ=円) 東京市場
6月末 114円14−18銭  
7月末 114円88−92銭 0円74銭円安・ユーロ高
      
    
  
スポンサーリンク
       
市場レポートに戻る
      
スポンサーリンク