スポンサーリンク
     
     
金融大学TOP
金融大学講座
金融用語辞典
経済ニュース
市場レポート
一般教養雑学集
     
会社概要
運営理念
ご利用上の注意
書籍・CDの販売
     
 
       
  
       
 
      
  2016年4月
  
金融大学のマンスリー市場レポートです。2016年4月の主な出来事や景気判断を掲載しています。日経平均株価、TOPIX、NYダウ、円相場(東京、NY)の推移グラフと数値表へのリンクもあります。
 
金融大学市場レポート > 2016年4月のレポート
 
    
  
主な出来事
4/1 ゆうちょ銀行の貯金限度額を1000万円から1300万円に引き上げ、かんぽ生命保険の契約限度額を1300万円から2000万円に引き上げ
4/1 北朝鮮が日本海に向けて、短距離地対空ミサイル1発を発射
4/1 日銀短観の企業景況感の悪化により、日経平均株価(225種)が一時、600円超値下がり(終値は594円51銭安の1万6164円16銭)
4/2 経営再建中のシャープが、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入る契約に調印
4/3 南太平洋のバヌアツの沖合で、マグニチュード(M)6・9の地震発生
4/4 3月のマネタリーベース(資金供給量)の月末残高が過去最高を更新(375兆6977億円)
4/5 日経平均株価(225種)が6営業日連続で下落、約1か月半ぶりに1万6000円台を割り込む(終値は390円45銭安の1万5732円82銭)
4/5 東京外国為替市場の円相場(対ドル)が約1年5か月ぶりの円高水準(17時時点で、1円13銭円高・ドル安の1ドル=110円45−48銭)
4/6 日経平均株価(225種)が約3年5か月ぶりに7営業日連続で下落(終値は17円46銭安の1万5715円36銭)
4/7 東京外国為替市場の円相場(対ドル)が約1年5か月ぶりの円高水準(17時時点で、1円84銭円高・ドル安の1ドル=108円56−58銭)
4/7 世界貿易機関(WTO)が世界貿易量を予想、2016年は2.8%増(従来予想は3.9%増)、2017年は3.6%増の見通し
4/7 アイスランドのグンロイグソン首相が辞任(パナマ文書で、タックスヘイブン(租税回避地)での資産隠しが発覚)、後任はヨハンソン漁業・農業相
4/7 セブン&アイ・ホールディングス(HD)の鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任を表明(主導した人事案が取締役会否決され引責)
4/11 国際通貨基金(IMF)が、マイナス金利政策を支持する報告書を公表
4/12 ニューヨーク原油先物市場で、指標となるテキサス産軽質油(WTI)の5月渡し価格が約4か月半ぶりの高値水準(終値は1バレル=42.17ドル)
4/12 国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを発表(2016年の世界成長率予想は3.2%(1月予想は3.4%)、日本は0.5%、米国は2.6%、中国は6.5%)
4/13 日経平均株価(225種)が7営業日ぶりに1万6000円台を回復(終値は452円43銭高の1万6381円22銭)
4/13 ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値が今年の最高値(終値は187.03ドル高の1万7908.28ドル)
4/14 「平成28年熊本地震」が発生(熊本・益城町で震度7、マグニチュード6.4)
4/16 熊本県熊本地方で地震発生(熊本県阿蘇などで震度6強(4/20震度7に訂正)、マグニチュード7.3)。気象庁が本震と発表(前日の地震は前震)
4/16 阿蘇山(熊本県阿蘇市)で小規模噴火
4/16 南米エクアドルの太平洋沿岸でマグニチュード(M)7.8の地震が発生
4/18 熊本地震や原油安の影響で、日経平均株価(225種)が一時600円近く値下がり(終値は572円08銭安の1万6275円95銭)
4/18 熊本県阿蘇地方と大分県西部で震度5強の地震発生(マグニチュードは5.8)
4/19 前日の米株高や円安により、日経平均株価(225種)が一時600円超値上がり(終値は598円49銭高の1万6874円44銭)
4/19 熊本県熊本地方(八代市)で震度5強(マグニチュードは5.5)と震度5弱(マグニチュードは5.0)の地震発生
4/19 政府が環太平洋経済連携協定(TPP)の法案成立を見送る方針(秋の臨時国会で成立を目指す)
4/20 2015年度の訪日外国人旅行者数が年間2000万人を突破(前年度比45.6%増の約2135.9万人)
4/20 3月の訪日外国人旅行者数は前年同月比31.7%増の200万9500人、3月の過去最高を更新
4/20 日経平均株価(225種)が一時200円超値上がり(終値は32円10銭高の1万6906円54銭)
4/20 三菱自動車が、実際よりも燃費を良く見せる不正行為を、4車種で意図的に行っていたと発表
4/21 日経平均株価(225種)が1万7300円台を回復(終値は457円08銭高の1万7363円62銭)
4/25 金融庁がクレディ・スイス証券に業務改善命令(上場企業の公表前の業績情報を顧客に提供した問題)
4/25 政府が熊本地震を激甚災害に指定
4/26 ニューヨーク原油先物市場で、指標となるテキサス産軽質油(WTI)の6月渡し価格が約5か月半ぶりの高値水準、今年の最高値を更新(終値は1バレル=44.04ドル)
4/27 米連邦準備制度理事会(FRB)が金融政策を現状維持、追加利上げは見送り
4/27 ニューヨーク原油先物市場で、指標となるテキサス産軽質油(WTI)の6月渡し価格が2日連続で今年の最高値を更新(終値は1バレル=45.33ドル)
4/28 日銀がマイナス金利付き量的・質的緩和政策を現状維持、物価安定の目標2%に達する時期は、前回1月時点の「2017年度前半頃」から、「2017 年度中」に先送り
4/28 日銀が金融政策の現状維持を決めたことから、日経平均株価(225種)が1万7000円台を割り込む(終値は624円44銭安の1万6666円05銭)
4/29 大分県中部で震度5強の地震発生(マグニチュードは4.4)
4/29 米財務省が為替報告書で、日本、中国、ドイツ、韓国、台湾の5カ国・地域を「監視リスト」に指定
  
景気判断
政府の景気判断
(月例経済報告)
4/21
景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている。(据え置き)
また、平成28年(2016年)熊本地震の経済に与える影響に十分留意する必要がある。
日銀の景気判断
(経済・物価情勢の展望)
4/28
わが国の景気は、新興国経済の減速の影響などから輸出・生産面に鈍さがみられるものの、基調としては緩やかな回復を続けている。
  
金融市場調節方針
4/28 マネタリーベースが、年間約80兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。
基準貸付利率(旧公定歩合)を0.3%に据え置き
補完当座預金制度の適用利率を−0.1%に引き下げ(政策金利残高分、2/16〜)
  
  
表中の数値は月末時点のものです。
クリックすると、推移グラフと数値表が見られます(新しいウィンドウが開きます)。
 
日経平均株価(225種)
3月末 1万6758円67銭    
4月末 1万6666円05銭 92円62銭安 0.55%下落
  
東証株価指数(TOPIX)
3月末 1347.20    
4月末 1340.55 6.65ポイント低 0.49%下落
  
NYダウ
3月末 17,685.09ドル    
4月末 17,773.64ドル 88.55ドル高 0.50%上昇
  
円相場(1ドル=円) 東京市場
3月末 112円42−44銭  
4月末 108円39−41銭 4円03銭円高・ドル安
  
円相場(1ドル=円) NY市場
3月末 112円52−62銭  
4月末 106円40−50銭 6円12銭円高・ドル安
  
円相場(1ユーロ=円) 東京市場
3月末 127円52−56銭  
4月末 122円98銭−123円02銭 4円54銭円高・ユーロ安
      
    
  
スポンサーリンク
       
市場レポートに戻る
      
スポンサーリンク